・RSS ・LOG IN














ご心配おかけしました~主治医の見解~ 2014/01/14

 ヴィヴィさんに沢山のお見舞いのお言葉、ありがとうございました。
 今朝は朝ご飯、普段の7割の量を食べました!
 といっても好物ばかりのサービスメニューですが(^_^;)

 着実に回復しています。
 皆さまのお気持ち、本当にうれしかったです。ヴィヴィ共々感謝しています。




 続きです。
 広島夜間救急動物病院から午前4時過ぎに帰宅し、その後ベッドには入ったモノの、殆ど眠れず・・・
 主治医の石崎動物病院は電話受付が午前8時半なので、その時間になってすぐ、診察予約の電話を入れました。

 ただ、ここ、患者さんがいつも一杯で・・・
 何とか都合を付けて頂き、午前中の最終診察にもぐり込ませて下さいました。

 掛りつけといいつつ、この病院、広島県呉市にあり、うちから2時間以上かかります。
 ですが、先生のお人柄&腕に私は絶大な信頼を置いていますので、ヴィヴィが生後半年ちょっとの時からずっとお世話になっております。
 ちなみに先生はいわゆる万人受けするタイプではありません。ちょっとマニアック(笑)
 ですが、勉強熱心で、説明も十分して下さる、素敵な先生です。
 何が信用出来るって、治療器具は最新鋭のモノがそろっているのに、病院の建物ボロ古いんですよ(笑)
 見た目より、治療内容にお金を掛けてらっしゃるあたり、ホンモノです!!


 

 待合室も狭いので、いつも順番が来るまで車で待機。
 空いたら看護師さんが呼びに来てくださいます。
 ソファーで呼ばれるのを待ちます。
 ネムネムのご様子ですね。 
DSC_0235.jpg



 結局12時の予約で、採血・問診・触診等々で1時間半。勿論他の患者さんと並行しながらですが、本当にじっくりと診察して下さいます。
 救急病院が昨日の診察カルテもFAXして下さってましたので、その結果を見て、足りない検査や昨日と比較する為の再検査をテキパキ指示して下さいます。
 ここは看護師さんも厳しい(?)先生のお眼鏡にかなった、精鋭揃いで、皆さん動きがとにかく機敏!

 結果、やはり原因は判りませんでしたが、血液の値は感染症やリンパ腫の類では無い。
 考えられるのは鼻に異物が入った(散歩中に草の実とか)か。そこが炎症して熱が出た?
 鼻の奥に腫瘍、の可能性も0%では無いけど、この若さではほぼ考えられないそう。
 麻酔かけて鼻の奥を検査する方がリスクが高いので、投薬と注射で熱が下がってくしゃみが落ち着くならまず腫瘍では無いから様子を見ましょう、ということになりました。
 ちなみに犬は風邪、引かないそうです。そして猫ならともかく犬の鼻水は良くない。原因は必ず有るそうです。
 そして、鼻水出だした時点で電話してくれたら良かったのに、と言われました(-"-)


 投薬について。
 私のケミカル嫌いを良くご存じの先生。先生自体も薬、特に抗生物質やステロイド系には消極的です。
 石「ふじこさん、抗生物質、どうする?嫌?」
 ふ「嫌ですけど・・・今回は状態が状態なんで先生が必要と思われたら、従います」
 石「僕も昨日投与してあるからさ、連続して使いたくは無いんだけど・・・昨日のでCRP劇的に数値下がってるんだよね(昨晩7.0→現在0.3)。どうも今回の病状には効き目絶大みたいだから、ちょっと念のため薬で叩いておきたいなって思うんだけど、良い?」
 ふ「もしアレルギー症状でたら止めてイイですよね?」
 石「いいよ、その時はケータイの緊急に連絡して。弱めのやつ、5日ん~、いや3日分出すから。あと鼻の出血も嫌だから止血剤も出させてね、最小限だけ。」
  交渉成立(?)です。




 皆さん、お医者さん相手にふじこってバカじゃないの?って思うでしょ?



 私、4年前に愛猫を亡くしました。
 その時は広島1の名医って触れ込みのココとは別の動物病院を紹介されて、往復4時間かけて通ってました。
 もうそれはそれは混みまっくてて完全予約制ですが1時間待って診察5分みたいな超人気病院で。
 そこに入院させて、1か月後退院、その1週間後の検診で「もう大丈夫、次は半年後でイイですから」って言われた3日後、愛猫は亡くなりました。亡くなった時の医師の言葉は「手遅れでしたね。」
 ・・・はっ?!耳を疑いました。
 今でもそこの前を通ると吐き気がして怒りで手が震えます。
 医者のイイなりになっても、所詮彼らにとって大勢のなかの一匹。治療方針や自分の言った言葉さえ忘れてる始末。

 嫌がられても、ちゃんと自分の思いを伝えて納得のいく治療させないと一生後悔する。
 私、愛猫を殺したのは自分だと思ってます。
 評判に踊らされて、あの病院を選んだこと。
 途中ん?って思う点が治療過程で何度も有ったのに、忙しいバリアを張っている医師に詳しい説明を求める勇気がなかったこと。
 それが、結果としてあの仔を死なせてしまった。

 
 だから今は自分の不安や希望は必ず伝えます。
 石崎先生は半分面白がってますが、じっくり聞いて下さいます。
 なんせ、ヴィヴィの避妊手術に立ち会い許可して下さった先生ですから。
 麻酔の種類もリクエストに応じて下さって、導入時と覚醒時は私がヴィヴィを抱いて。
 とにかく、私は先生のコト尊敬しています。忙しいのにちゃんと患者と飼い主に向き合って下さる。
 いつもふじこさん、神経質過ぎっ!!って怒られてますけど←当然ですね


 

 終わりましたよ、お疲れ様。
 お会計待ちで脱力のヴィヴィさん。
DSC_0239.jpg





 帰り道、食べない&飲まないヴィヴィさんも、いつものカフェの犬飯なら食べるかもって思って。
 アカリカフェに℡してお席取って貰って、いつものジャガイモ砂肝煮&ワッフルの小サイズ頼んだら・・・
 食べた!!お水も少しだけ飲んだ!!!
 カフェでちょっとだけ泣いたのは、秘密です(照)

 石崎先生から、私の膝に座って神妙な顔で先生の受診結果聞くヴィヴィと私を見て、「この仔とふじこさんはね~、共依存なんです。だから、あなたが神経質にクヨクヨしてたら治らないですよ。完全に飼い主の精神状態に同調してますから。もっとあなたがしっかりしなさい」ってお説教されたんです。
 なので、きっと食べる!大丈夫!!って思うように努力してカフェ行ったんです。  
 で、努めて明るく、美味しいよ~♪うわっ、来たよ来たよ♪♪って賑やかしてたら・・・
 ヴィヴィさん、なんと食べましたょ。
 ・・・犬ってすごい。
 そして、自分の駄目飼い主っぷりを痛感しました(>_<)
 






 お薬、結構な量です。
 ブルーの抗生物質はアモキクリア一回6錠。
 白いカケラは消炎剤と止血剤一回一錠。
 ヴィヴィさん、こんなに飲めるかな???
DSC_0240.jpg





 これ一回分です。
 大きいので抗生物質は2つに割りました。
 朝晩これだけ飲ませるのか・・・
DSC_0242.jpg


 



 犬用チーズやレバーソーセージに挟むのが定番ですが、生憎ストックが無い。
 大好きな食パンでレッツトライ。(先生から今は食べたがるものでOKと許可出てます)
DSC_0244.jpg




 結果ですが・・・
 こっそり陰で薬をサンドして、ヴィヴィさんにパンだよ~って食べさせると。
 薬だけべぇっってすごい器用に吐き出しました。
 2個目のサンドも3個目のサンドも薬だけ、器用に選り分けて吐き出します(-_-;)
 こらっ!治らんだろ~が!!って先生に叱られたこともすっかり忘れて、再び半泣きの飼い主。

 そうだ、この仔、飼い主に似て疑り深くて神経質なんだった。得体のしれないモノが嫌なんじゃ!?
 で、ヴィヴィの目の前で諭しながら抗生物質サンドイッチを再作成。
 「ヴィヴィさんこれね、食べて欲しいの。でもね、美味しくないからパンに挟んであげる。一緒に食べてね、ね?」
 わざと作業工程を見せて、パンに挟んで口の中に放り込むと。
 ちょっと、変な顔したけど、食べました!!
 その後も、目の前で挟む→口に放り込む×14回で全量投与、無事成功です。

 神経質な仔の飼い主さん、この方法、効果絶大です。
 ぜひ、お試しください(って投薬なんて機会、ナイにこしたことありませんが・・・)




最後に参考までにお金のお話・・・
 夜間救急病院
救急料         8000円
注射代        16000円
検査料         7100円
投薬料         6000円
処置代         2500円
消費税         1980円

           計 41580円

 主治医
検査料          600円
診察料         2000円
飲み薬         2455円
消費税          252円
           計  5307円


    高速代やガソリン代等々、ざっと2日間で8万弱。
    ・・・いいの、ヴィヴィさんが元気になってくれたら  しばらく飲みにイケない行かないから








     
ご心配おかけしました~救急病院へ~ | HOME | 年末年始は大山で☆~前編~
今日あの日の事を思い出してました。

ふじこさんの震えた声。


ヴィちゃん、お利口さんだから全部わかってるよね。ふじこさんの言ってる事も、考えている事も。

ヴィも良くなってきたみたいだし。ふじこさんの元気も戻ってきたし。本当によかった。

ヴィたん、今度遊ぼうね♪
2014/01/14 20:35 : ゆぅ URL : 編集
ふじこさんのヴィちゃんへの思いとっても伝わってきます。
私もれおんの治療法、薬剤に関してはちゃんと納得できるまで質問したりしてました。他の治療法やリスクとか同じ薬でも注射なのか錠剤なのかも、答えが出せないときは必ず1度持ち帰って返事をしていました。
守ってあげるのは自分しかいない、私はれおんのママなんだから・・・と、もちろん泣いてしまう場面もありました、だから私もふじこさんと一緒ですよ。
ただただ守りたいだけの行動や発言なんです。
でもちゃんとれおんも私の気持ちも先生の事も理解していたせいか病院を嫌がることなく治療を続けてくれました。
ヴィちゃん早く元気になってください、そしてふじこさんも疲れがでないようにしてください。

でも目の前で薬をサンドすると食べてくれるんだ~れおんも上手くペッしてましたからその手は試さなかった・・・ん~ん残念
2014/01/14 22:12 : 遊 URL : 編集
健康が一番
本当に心配でしたね・
食欲が出て来て安心しました!

ヴィヴィちゃんはお利口さんですね!
ふじこさんの気持ち察して沢山のお薬ちゃんと飲んでくれたんですね~
麗だったら無理だ・・・(^^;
強引作戦だよ~

夜間救急病院の救急代高ーい!
それでも緊急時に診て頂けるだけでもありがたいですよね・・・
そんな時って先生が神様に見えてしまうのは私だけでしょうか?

犬の鼻水ってよくないって・・・?
麗、鼻水ハンパないけど原因があるのかなぁ~?
一度石崎先生に診てもらいたいです。



2014/01/14 23:50 : 麗 URL : 編集
ゆぅ様♪
ゆぅさん、コメントありがとうございます☆

あの日はホントに気が動転していて、なんでスノボウェア着て、スマホの充電器持って病院行ったのか、未だに謎です(・・;)
しかも、家の鍵、解らなくなるし(恥)

普通の順番なら、必ずいつか私がヴィヴィを見送らなければならない日が来るのに、こんなんぢゃ駄目ダメだわ、と非常に反省しました、今回…

うん、いつか遊んでやってね♪
2014/01/15 19:47 : ふじこ♪♪ URL : 編集
遊様♪
遊さん、コメントありがとうございます☆

ヴィヴィさん、今日は、ほぼいつもの量のご飯を食べました(*^^*)
ホントにご心配お掛けしてすいません。
久しぶりのお留守番も、睡眠不足解消に良かったみたいです(笑)

私、自分はファーストフードやコンビニ大好きなんですが、ヴィのお肉は国産ぢゃないと!みたいな、もう異常とも言える過保護な思考回路に陥ってるんです。
だから、この子に与える薬も注射も、内容すべて把握してないと落ち着かなくて。
私の質問攻めを許してくれる主治医にはいつも感謝してます。
ヴィはれおん君みたいに大人しくお利口にはしないだろうなぁ(^_^;)
今回は、弱ってて抵抗する気力無かっただけなんです。
噛んだり唸ったりはしませんが、逃げるんですよ~。渾身の力で。

そうそう、目の前薬サンドイッチ、効果テキメンで私もびっくりしました!!

それと、遊さんに早く三朝のオサシンを見て頂きた~い!!
2014/01/15 20:12 : ふじこ♪♪ URL : 編集
麗様♪
麗ママさん、コメントありがとうございます☆

ホントに怖かったです(T_T)
足がガクガク震えました。

あの食いしん坊が、オヤツも要らないって言うんですよ?!
お薬、体重が体重だからすごい量になるんですよね(^_^;)
一つづつ目の前でお薬サンドイッチ作って食べさせてたら、1回30分近くかかっちゃいます。

救急の先生、まだ若いのび太くんみたいな先生でしたが、確かに神様に見えました!!
お正月は満員御礼で凄い忙しかったって仰ってました。

鼻水、慢性的なのはまた違うのかな~?
今度、石崎先生に聞いてみますね。
> そんな時って先生が
2014/01/15 22:16 : ふじこ♪♪ URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/01/16 16:59 : : 編集
秘密コメ様♪
秘密コメさん、コメントありがとうございます☆

ありがとうございます(*^^*)
後で長編鍵コメ、お送りしますね(笑)
2014/01/17 12:41 : ふじこ♪♪ URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/01/19 12:31 : : 編集
秘密コメ様♪
秘密コメさん、コメントありがとうございます☆

おぉ~、安心しました(^^)
ですよね、ですよね。
鍵コメしに伺いま~す。
2014/01/20 18:51 : ふじこ♪♪ URL : 編集
初めまして
こんばんわ。初めまして。つい見つけたこのページに見入ってしまいました。なぜなら私も石崎先生の所へ通うのに3時間掛かっていってます。でも先生も看護師さんもいいのであの病院しかないのです。ヴィヴィちゃん元気ですか?私は今愛猫の世話でてんてこ舞いです。1匹は23歳の老猫で腎不全のため毎日の輸液を朝晩しています。今年中持つかどうかです。もう1匹はこの前からお腹の具合が悪く今治療中です。早く治って欲しいです。私もとても神経質で猫が病気になると不安で一杯になります。今は山口大学の獣医科と石崎先生に通ってなんとかやっています。これからも頑張らないとと思いつつ、泣いてばかりです。
ふじこさんも頑張ってください。
ヴィヴィアンさん綺麗な子ですね
2014/07/29 21:18 : みゆき URL : 編集
みゆき様♪
みゆきさん、コメントありがとうございます☆

初めまして!
石崎先生の遠距離仲間ですね、こんなマイナーブログを見つけて下さって嬉しいです。
私も先生をとても信頼しています。
時々待合室で他の飼い主さんとお話しますが、皆さんココで無いと!と言われますね。
私の愛猫も(2月24日の記事にお顔載せてるので見てやってくださったら嬉しいです)先生に診て貰えばあんなに早く亡くならずにすんだのでは、と未だに後悔しています。

看病、大変ですね。お察しします。
何が辛いって、具合の悪そうな我が仔見るのが本当に辛いですよね。
変われるものなら変わりたいって私もずっと思ってました。
でもみゆきさん、長く看病させて貰えて、羨ましいです。
私もどんな状態になっても良いからうちの仔に生きてて欲しかったです。
たったの3日しか看病させて貰えなかったんです。私。
お別れの覚悟も何も出来ないまま、駆け足でお空に帰って行きました。
不安で泣いてしまうのもすごく解りますよ~、でも石崎先生に怒られちゃいますよ!
飼い主の不安は伝染する!!って。私もいつも叱られています^^;
23歳の猫ちゃんも、お腹壊しちゃってる猫ちゃんもみゆきさんの仔で幸せですね。
老猫ちゃんは完治、は無いかもですが、少しでも楽に過ごせることをお祈りしています。

ヴィヴィアンが来て、勿論大好きで可愛いですが愛猫の代わりにはならないし、愛猫を忘れたことも無いです。あっ、ヴィヴィさん誉めて下さってありがとうございます(^^)

いつか石崎病院でお会い出来ると良いなぁ、その時はお声掛け下さいね!
2014/07/30 19:11 : ふじこ♪♪ URL : 編集
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://volvoborzoi.blog.fc2.com/tb.php/26-2812d2ab