・RSS ・LOG IN














ご心配おかけしました~救急病院へ~ 2014/01/13

 
 大変ご心配おかけしました。
 ヴィヴィさん、今朝、お気に入りのおもちゃを寝ている私の顔に押し付ける、という、休日の日課である嫌がらせ度満点の起し方をしてくれました。
 食欲はまだイマイチですが、これならもう大丈夫だと思います。

 今回、色々勉強しましたので、自分への戒め&皆様の愛犬に万が一のコトが有った際の参考に少しでもなれば、と思いここに経過を載せたいと思います。

 

 1/10(金)、今季最大の大雪で早朝出勤しなければいけなく、また帰宅時間も読めなかったので出勤前に両親にヴィヴィを預けました。
 ・・・これが結果、命拾いしました。
 実はヴィヴィさん5日ほど前からくしゃみ、鼻水という人間の風邪そっくりの症状がでていました。
 が、ご飯もしっかり食べるし、散歩も行くし遊ぶしで、あまり気にしてはいませんでした。


 その日の晩、7時過ぎに実家にヴィヴィを迎えに行くと、両親が「今日はヴィヴィが拗ねて子守が大変だった、もう預かれないよ、可哀想で」というのです。
 聞くと、今日はご飯も催促せず、玄関前で私が迎えに来るのをずっと待ってた。おやつも拒否した。散歩に行っても自宅へ帰る、と引っ張って行こうとした、と。


 ソファで寝てるヴィヴィさんが、なんとなく元気が無く見えて嫌な予感がする。
 が、両親は拗ねてただけで、大丈夫、普通に元気だったよ、という。
 この時点で夜8時前。主治医はもう診察終わってる。しかも主治医はここから高速で2時間。

 
 抱っこすると、体が熱い気がする。
 目も眠そうにトロンとしてる気がする。

 試しに台所を借りて晩御飯を作る。
 ・・・催促に来ない。
 出来て呼んでも、来ない。
 手で口元に少しずつ持っていくと、嫌そうに食べる。
 半分食べたらもう口を開けない。

 明日から連休だし、まずいかも。冷たい汗が出た。ちなみに、私は超がつく心配性です。
 「救急行こうかな」
 私が言うと、両親はこんなことで行ったら病院に迷惑、夜中に凍った高速で何かあったらどうする。と。

 そうだよな、確かに。


 と思ったらヴィヴィがくしゃみをした。
 鼻水が飛び散ったのでティッシュで拭いてやるとうっすらオレンジ色。
 
 これ、血が混じってるの???



 半泣きになって広島夜間救急動物病院に電話する。
 男性看護師さんが出て、説明するとすぐ獣医さんに代って下さった。

 獣医さんは私の説明を聞いて「体温測れますか?」と。
 親に聞くと体温計あるよ、というので「測れます」というと、「測って折り返しお電話下さい。」とのこと。

 親には悪いけど、オリーブオイル塗った電子体温計、ヴィヴィのお尻に挿して1分。
 熱は40度1分。
 再度、電話。

 「・・・あまり良くないですね、診ましょう、来てください」


 

 正直、こっからのことはよく覚えてません。
 焦って焦って、病院着いたら、なぜかスノボウェア着てた。
 寒いからって思ったんだろうな。
 

 着いた時点で夜11時。


 幸い他に患者さん居らず、すぐに診察・採血して貰えた。
 結果が出るまで30分。



 取りあえず、感染症を疑わせる白血球の状態では無い。
 血液の数値も炎症を示す値(CRP)はかなり高いが後は正常値。体温はやはりここでも40度1分。
 ・・・原因はわかりませんね。とのお見立て。
 ただ、今、かなりの脱水症状なんで、点滴します。
 皮下なら時間は早いですが、時間かけて静脈から解熱剤と一緒に入れた方が良く効きますがどうされますか?
 と言われ、勿論それでお願いします、何時になっても良いので。とお願いしました。

 この時点で夜中12時前。点滴は2時間掛ります。と言われ、私も一緒でイイですか?とお願いするとイイですよ、その方がワンちゃんもいいでしょうからね、とすごく親切でした。

 床にバスタオルが2枚敷いてあって、そこで点滴開始。
 私もそこに座ってヴィヴィさんは膝枕で点滴を受けます。

 1時間経った頃には私の足の感覚は無く。
 でもヴィヴィさんは点滴が終わるに頃にはずいぶん楽そうになってきました。

 
 オサシンはこの1枚だけ。
 家族に現状知らせるために撮りました。
 私の左膝を枕にうとうとしてますが、やはり顔は辛そうですね。
DSC_0233.jpg



 点滴が終わるころには立って帰ろうって言いだす程元気になったヴィヴィさんを見て、先生もこのまま熱が下がれば様子見でイイですよ、と言って下さったのですが・・・


 帰る前になってヴィヴィさんが、また「くっしゅん!!」
 オレンジ色の鼻水が、床に・・・

 私が「先生、これがその気になる色の鼻水なんです、診てもらえませんか?」
 ってお願いすると、本当に良い先生で、「イイですよ~、ちょっと待って下さいね」、といってガラス板を持ってきてそれに鼻水を採って顕微鏡で調べて下さいました。


 30分近く検査室から出てこなかった先生、出て来た時はちょっと顔つきが違ってました・・・
 「やっぱりなんか気になるんで、明日、必ず主治医の先生の診察受けて下さい、これ持って。」
 と、血液×2、鼻水×2のガラス板をお土産(?)に作って下さいました。
 私が怯えて、「先生、鼻水良くないモノが有ったんですか?」というと、「いや~、鼻水なんだけど膿とかが無くて、リンパ液ばっかなんでね、念のために他の先生の見解も必要だから・・・」


 「リンパ液!!!」この一言で地獄に突き落とされた私は午前4時過ぎに自宅に着き、その後眠れないまま朝8時半を待って主治医に電話を掛けたのでした・・・





 ※長くなるので2回に分けますが、主治医の見解は「問題無しですよ~」でしたのでご安心をm(__)m







皆さまへ | HOME | ご心配おかけしました~主治医の見解~
怖かったよね。

これ読んで、手が震えた。

ヴィもふじこさんも頑張ったね。
2014/01/13 18:37 : ゆぅ URL : 編集
ゆぅ様♪
ゆぅさん、コメントありがとうございます☆

すっごい怖かった!!
愛猫を亡くした時のコトがフラッシュバックして、吐きそうでした。

でも主治医にこんこんとお説教されてね~。
ヴィヴィと私は共依存だから、私の精神状態=ヴィヴィの症状になるんだって。
なので私がそんなに弱ってたら、ヴィヴィはずっと治らないよって・・・

だから今はヴィヴィの前では強がっている(笑)
2014/01/13 20:33 : ふじこ♪♪ URL : 編集
良かった。
まいど、、、。

ヴィヴィちゃん、取り敢えず大事に至らず安心しました。

ワンコは喋らないから・・・

でも!ふじこ♪さんと心で繋がってるんですね^^



本当っ良かったぁ~~^^
2014/01/13 20:57 : 王様のパパ(MASA) URL : 編集
大変でしたね。ヴィヴィちゃん、ふじこさん少しは落ち着きましたか?今夜から又、寒くなりますね。愛娘にはママしか居ないから無理せずに…。ゆっくり&のんびりですよ(^o^)v


暖かくな
2014/01/13 21:55 : アイリーン&メーティス URL : 編集
慌て者でスミマセン~!元気になって暖かくなったら一緒に遊んで下さいね(^-^)v
2014/01/13 22:09 : アイリーン&メーティス URL : 編集
王様のパパ(MASA) 様♪
王様のパパ(MASA) さん、コメントありがとうございます☆

お騒がせして申し訳ないですm(__)m
もうね、あの、スーパーで新車のまいぼるぼ君ガリッた時より心が痛かったですよ←当たり前?

そうなんです、しゃべらないから・・・
私が1人妄想劇場に突入して、勝手に危篤状態にしてました(-_-;)

でも、すっかり甘えん坊の駄犬になってしまい。
また躾、一からやり直しですぉ(泣)
2014/01/13 22:44 : ふじこ♪♪ URL : 編集
ちょっと安心しました
ずっと祈ってました

ふじこさんとヴィちゃんの関係、私とれおんとの関係とそっくりです
ふじこさんも体調気をつけてくださいね。
2014/01/13 23:04 : 遊 URL : 編集
アイリーン&メーティス ママ様♪
アイリーン&メーティスママさん、コメントありがとうございます☆

ご心配ありがとうございます(^^)
今まだお薬が出てるので、熱は下がってる&くしゃみも減っています。
お薬が終わっても落ち着いていたら治癒と思ってイイそうなんですが・・・

お嬢さん、寒いみたいで今、私の膝の上でコンパクトに丸まってます(^_^;)
今回、2キロ体重落ちたとはいえ33キロが全体重かけて(笑)

この仔食べさせるために、母はがんばりますょ♪
2014/01/13 23:22 : ふじこ♪♪ URL : 編集
アイリーン&メーティスママ様♪
アイリーン&メーティスママさん☆

お気になさらず~(*^^*)
私もそうとうなモノです(笑)

暖かくなったらまた豪華ドッグランにお邪魔させて下さいね!
あっ、ヴィさん、ちょっと最近不良化してますがいいですか!?
2014/01/14 10:15 : ふじこ♪♪ URL : 編集
遊様♪
遊さん、コメントありがとうございます☆

祈ってて下さったお陰です。ご心配お掛けしてすいませんでした。
私も、遊さんはもっと心配で、もっと長時間頑張られたのに、こんなことぐらいでアタフタするなんて情けないぞ自分!!って思いながら過ごしてました。

でも、ものすごく怖かったです。
遊さんは立派だったなぁ、って改めて思いました。

私、職場では厳しくて結構怖い存在なんです、これでも。
なのに、ヴィのことになると腰抜けです。
2014/01/14 10:27 : ふじこ♪♪ URL : 編集
大変でしたね。
ヴィヴィちゃん、大事に至らずによかったですね。
その後の様子はどうかな?
わんこはしゃべれないから、余計に心配しますよね。
私も超のつく心配性なので(ハッピーのことに関しては特に)ふじこさんの気持ち、よくわかります。
ふじこさんも体に気をつけてくださいね。
2014/01/14 11:22 : あきねぇね URL : 編集
え!
続きが気になる。
大丈夫ですか?ふじこさんも。
2014/01/14 14:01 : ren URL : 編集
あきねぇね様♪
あきねぇねさん、コメントありがとうございます☆

ご心配ありがとうございますm(__)m
ホントにもぅ見てたら辛くて辛くて(泣)
代われるものなら代わりたかったです。

今日は早く薬飲もうよ♪ってパン籠の前で催促してました(^_^;)
もぅ大丈夫だと思います。

いつも主治医にそんなコトで来なくて良いから!って言われるんですが、今回は私の心配性が良い方に作用したかな(*^^*)
2014/01/14 20:00 : ふじこ♪♪ URL : 編集
ren様♪
renさん、コメントありがとうございます☆

ヴィさん、初めてだったんです。いわゆる急患的な症状。
いろんな方のお話やブログで見聞きしてても、ダメですね(・・;)
もうパニックで。
なぜか病院にスマホの充電器持って行ってましたよ、私・・・

救急病院出来た時、念のために電話番号登録しといたのですが、まさか利用することになるとは。

ちなみに救急の先生、すごく丁寧で親身になって診て下さいました。


2014/01/14 20:09 : ふじこ♪♪ URL : 編集
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://volvoborzoi.blog.fc2.com/tb.php/25-b269fbd6