・RSS ・LOG IN














今後の方針 2015/06/20

少し間が空いてしまいました。
自分の中で、気持ちの整理がつかなくて・・・
ご心配おかけして申し訳ありませんでしたm(__)m







先週土曜日、断脚面近くに出来ている腫瘍の検査結果を聞きに&肺レントゲンをもう一度撮りにお医者さんへ。


結論から言いますと、腫瘍ははっきりした検査結果が出ませんでした。
検査結果が委託先から返送されるまで、まさかの13日間も掛ったのに、
・肉腫が疑われる
・リンパ腫では無い
ということしか判らず進行度、悪性度なにも記載無し(-"-)


肺のレントゲンも、再度撮りましたが一週間前のと比べてあまり点が大きくなっておらず、今回も確定には至らず。
ただ、点の数が増えていました。
なので恐らく転移で間違いないですね、とのことでした。



そして、先生のお見立ては断脚面の腫瘍は外科手術しない方が良い、このままステロイドで最期までだましだましいきまししょう、との見解でした。
要は、打つ手無しってこと。

自分の犬なら手術しない、体の内部に出来た腫瘍だから完全に取り切れないし、そうなったら癌細胞が体内で飛散してあちこち転移する可能性がある、まして肺転移していたら余命わずかなのに、痛い思いをさせるのは可哀想。
大学病院で放射線という手もあるが、毎回全身麻酔だし現実的ではない、と。
確かに仰る通り、ごもっともな納得の診断でした。


先生、短い付き合いですが、私の性格は熟知されたみたいで、期待に応えられなくてすいませんすいません、って何度も何度も謝っておられました。私そんなに怖いかな-_-;
とんでもない、前の主治医が拒否した、癌の転移を見つけて飼い主に告知する、っていう、有る意味死刑宣告的なすごく嫌な役目を引き受けて下さって、本当に感謝しています。


そして私がこのまま引き下がるとは全然思ってないらしい先生、この次はいつ来て下さい、とか今後はこうしましょう、とか全く仰らず、手切れ金にステロイド100錠入り一箱出して下さって、今後どうするかはよく考えて下さいね、で診察が終わりました。
私が暴れて泣き叫ぶとでも思ったのかしら(笑)
まさに腫れモノに触るかのような(^^;


ほんと優し~いソフトな先生です。優し過ぎて、若干心配だ~











さ~て、どうしようかな。←やっぱり大人しく引き下がる気無い(笑)











取り敢えず、カフェ行こう。







今日も夕方からの診察だったから8時過ぎたんだけど。
アカリさんに電話したら、構わないからおいで~って言って貰えたので。
来ちゃった♪





もうラストオーダーの時間過ぎてるから貸切です。







着いたらソッコー水分補給するヴィさん。






ステロイド効果で、それはそれは真剣にカフェ飯出待ちです。






人間は竜田揚げ☆
めっさ美味しかった。
ヴィさんも衣剥がして一切れげっと。最近激甘っす







ヴィさん、超特大サイズのジャガイモの砂肝煮。
このサイズを完食まで、10秒(-"-)







デザートはワッフル。
写真撮ってるのにフライング(-_-;)






足りない!
足りない!!
と訴えるので。






さらに小盛りのジャガイモ砂肝煮追加。
大丈夫か、この仔・・・






人も犬も沢山食べてPM9時過ぎ。
閉店時間も過ぎちゃった。
ごめんね、TAMIさん、どうもありがとう。

ヴィさんもうすぐ死んじゃうなら病院何時に終わっても電話くれたら開けとくから寄って帰って、って言って下さいました。
はい、ヴィさんが食欲有る限り、お言葉に甘えさせて貰います。
ほんとこの仔、いつも楽しみにしてるんで。







帰りの高速のSAで、高原の生しぼり牛乳も綺麗に一本飲み干した癌患者(末期)、ヴィさん。








家に着いたら晩御飯は?とキッチンカウンター横でご飯待ち(-_-;)









動きこそ緩慢とはいえ、ステロイド効果だけど食欲スゴイし、まだ排泄散歩は出来るし。
こんな状態であと余命2か月も無いのかな?

私的には痛みが出始めてエヌセイズが効かなくなってからのステロイド、を想定していました。
カウントダウンに入っての最後の手段でステロイド投与だと思ってて。
今、先生はもう余命あまり無いからステロイドの長期投与の弊害は気にしないで良いですよ、って見解なんですが、こんなに食い意地張ってても、肺に転移したら余命ってそんなものなのかなぁ。
意外にしぶとく数か月生き延びて、ステロイドのオーバードーズで他のところに障害出て苦しんだら、可哀想すぎるよなぁ。


お願いしてステロイド、一日25ミリグラムから隔日15ミリグラムに減薬して貰ったけど、長期投与を想定するならまだ多過ぎる気がする。
リンパ腫じゃないから腫瘍縮小効果で飲ませてる訳じゃないし、ね。
実際、2週間の間は25ミリグラム/日飲ませたけど、腫瘍はサイズ変わらなかったし。
う~ん(悩)







手術は、しないつもり。
ヴィさんがしたくないって言った。
ホントに言った。
とうとう、コイツ、私と会話出来るようになりました。
この話は長くなるのでまた今度。
すごく不思議な体験でした。








新しい先生のお見立てはセオリー通りだし、納得してます。



でもでも、もうちょっとだけ悪あがきしてみようかな。
私、しつこいんで。












実家のソファーで最近お気に入りの座り方。

人間にしか見えない・・・











先日、ヴィさんの1ケ月前に同じ骨肉腫を発症して、ずっと一緒に頑張ってきてたニューファンのもりぞーくんが、お空へ旅立ちました。10歳の男の子で、2月に肺転移が判ってから4か月以上も頑張ったお利口さんでした。
とてもとても淋しいです。
でも、もう苦しくも痛くも無くなったんだもんね。
安らかに過ごしてね。
ヴィさんがそちらに行ったら、仲良くしてやってくれるかな。
どうぞよろしくね。





葛藤 | HOME | 決断
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/06/21 17:41 : : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/06/21 20:55 : : 編集
ヴィーちゃん、頑張ってるね。ふじこさんも!
なんだかんだ言ってもまだまだ分からないことだらけの動物医療の世界だから、獣医さんも大変かも~。でも、こちらがとことん突っ込んで行けば、向こうも真剣に勉強し直すから相互作用でかなりプラスになると思うな。
 ロビンはまるで何事もなかったかのように普通にしてます。嵐の前の静けさのようで怖いです。
2015/06/21 23:58 : ジャスまま URL : 編集
ヴィちゃんふじこさんとカフェで楽しんでるね
表情みてるとわかります

手術したくないって話したんですね
それならそれが1番良い決断ですね

まだまだ頑張るつもりでいるに違いないと感じます
まだまだふじことカフェ行くからね~
そんなヴィちゃんの声が聞こえてきます

ちなみに私只今入院中の母親看病中と父親のお世話でブログの更新停滞中です。
ご心配なく月末には退院予定です。

まだまだふじこ&ヴィの毎日は続きますからね
お互いストレス軽減して美味しいもの食べて笑顔で今年のテーマのごとく緩やかに過ごしてくださいね。


2015/06/22 22:56 : 遊 URL : 編集
しばらく更新されてなかったので心配してました。
でもヴィちゃんの写真見てとても末期なんて思えませんね。いっぱい食べて免疫力付けて!!
この前テレビで脳腫瘍で数か月って言われてたボストンだったかな?が、今も2年以上生きている映像を見て、奇跡は誰にでも起こるわけではないけど、少し希望を持とうと思いました。
ふじこさんももうちょっと悪あがき(笑)して下さい

ふじこさん、ヴィちゃんの声が聞けていいなー
病院の先生が、ラルフが断脚する前に心配でうろたえてる私に「犬は悩んだりしない、3本足になってもその状況を受け止めて慣れていく」って言われて少し気持ちが楽になったのを覚えてます。ヴィちゃんは今の状況を受け止めてますか?
もしラルフの声が聞こえたら・・文句ばっかり言われそ~(^_^;) 
2015/06/23 16:59 : ラルフママ URL : 編集
秘密コメN様♪
秘密コメNさん、コメントありがとうございます☆

うん、ありがと~(*^^*)
大丈夫よ、ヴィさんには私しか居ないから!
まだまだイケると信じてる。
オヤツもサプリも昨日大量購入したからね(笑)
心配してくれて、ありがとうね!


2015/06/23 22:31 : ふじこ♪♪ URL : 編集
秘密コメS様♪
秘密コメSさん、コメントありがとうございます☆

体調はいかがですか?
私も見かけによらず(?)あまり体が丈夫でなく、数年に一度は入院しちゃうんですが…
今は気力で持ってる感じです。

ヴィは1月に骨肉腫発覚してから今までに3回、食べれなくなっています。
3回とも10日近くオヤツ程度しか食べなくなりました。
1回目は断脚前に脚の痛みから。2回目は手術後の回復が悪くて。
そして今回が癌の転移による痛み。
幸い今回はステロイドが劇的に効いて痛みを押さえてくれたので食欲が戻りました。
でも、次に食欲が落ちたらもう打つ手がありません。
毎日ドキドキしています。

断脚前、ヴィも夜になると痛い痛いと鳴いたり突然激しいパンティング始めたり、見ていて本当に辛かった。
お気持ちすごく解ります。
他にも癌と戦ってるボル仲間が居られます、みんなで想いを共有しましょう。
2015/06/23 23:05 : ふじこ♪♪ URL : 編集
ジャスまま様♪
ジャスままさん、コメントありがとうございます☆

もう大学受験の時より勉強してる気がします、私(笑)
ホームドクター的な動物病院の先生は癌だけじゃなく色んな病気を網羅しないといけないし、私みたいに質問攻めにする飼い主はさぞかしウザいだろうなと思いつつ…しつこくあれこれ聞いてます(^^;

癌が確定した以上いつかは嵐が来るのでしょうが、もしかしたらロビンちゃんの嵐はもっとずっとずっと後にならないと来ないかもしれません。
そうであって欲しいです。ロビンちゃんふぁいと!!
2015/06/23 23:31 : ふじこ♪♪ URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/06/24 21:58 : : 編集
遊様♪
遊さん、コメントありがとうございます☆

ヴィさん、食欲未だ衰えずです(^^;)
ステロイドマジック、どれくらい持つんでしょうか?!
確実に動きは日々悪くなってますが、食べ物見ると目が輝きます(笑)

手術、したくないそうです。
本人の意思を尊重しようと思います。
そして、自分で飲みたいサプリを追加指定しました、しかも高いヤツ(-""-;)

お母様、ご心配です。回復なさって、秋になったらぜひ一緒にいらして下さい。
例の場所へ、車でお連れしますから!
お母様にそうお伝え下さいね。

はい、緩緩が私達の今年のテーマですものね(*^^*)
ホント時間がゆっくり流れて欲しい今日この頃です。
2015/06/24 23:14 : ふじこ♪♪ URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/06/25 18:53 : : 編集
ラルフママ様♪
ラルフママさん、コメントありがとうございます☆

すいません、地味に落ち込んでいました(笑)
そうなんです、見た目は元気そうで。
しかも末期癌のくせに体重増えてます、この子(^^;)
1日3食にしてますが、間でのオヤツくれくれ攻撃が半端無いです(--;)

ラルフくんの具合はいかがですか?
ラルフくんにはヴィさんの分まで元気記録更新して貰わねば!
今の状態をヴィさんは驚く程あっさり受け入れているようです。
ご飯とオヤツと私が仕事から帰って来た時の喜びの舞以外はずっと寝て過ごしてますが、それなりに楽しそうです。犬はすごいなあ、ってつくづく思います。
でもヴィさんも、もし自由にしゃべれたら9割は文句だと思いますが(笑)
ますます暑くなって来ますので、ラルフくんもママさんもご自愛下さいね♪
2015/06/26 16:52 : ふじこ♪♪ URL : 編集
ふじこさん、ありがとね( ; ; )
ふじこさんとヴィヴィちゃんは、心強い戦友でした。
ひと足お先に戦線離脱しちゃったけど、ヴィヴィちゃんはゆっくりゆっくりね。
最後まで応援してるからね。
ファイトよ〜!
2015/06/26 23:46 : mon URL : 編集
秘密コメL様♪
秘密コメLさん、コメントありがとうございます☆

おはようございます!
今日は仕事お休みでゆっくり出来るので、昨晩おやつのジャーキーをジャーキーメーカー3段分仕込んで寝ました。
朝、完成品をタッパーに移していたら、ヴィさんしんどいクセに隣で延々お座りし続け、結局1段分食べてしまいました…
そしてそのあと朝ごはんも完食((+_+))
胃腸大丈夫!?って流石に心配になってきてます。

手術したくないってヴィさんが決意表明してくれたので、私もそれ以上悩まなくて済みました。
親孝行な子です。
頭では、骨肉腫を宣告された日から、そう遠くない間にお別れしなきゃいけない日が来ると分かってはいますが、やっぱりじたばたしてしまいます。
きっとヴィさんは、情けないわ~ふじこ(-""-)って思ってると思います。

私はヴィのこと、今まで臆病でヘタレちゃんだと思ってました。
そんなヴィさんだから私が守ってやらないと、と可愛くて仕方なくて。
でも、どうやらヴィは私が思ってたよりずっと強くて、むしろ私が守られてたようです。

もう少し、そばに居て守ってて貰おうと思います。
2015/06/27 10:05 : ふじこ♪♪ URL : 編集
秘密コメA様♪
秘密コメAさん、コメントありがとうございます☆

ヴィさんが癌になって、これまで色々選択しないといけない場面に遭遇しましたが、今回が一番悩みました。
そしてヴィさんが自分の意思を伝えてきたのは、初めてでした。
ということは、これまでの選択はヴィさんの意に叶ってたのかな、と勝手に前向きな解釈をしています(笑)

先日、仲の良い友人に私がヴィの治療に対してもの凄い(あくまでその友人の基準で)時間と労力とお金を費やしていることについて、もう死が見えている愛犬に対して、自分はこうは出来ない、というかしない、というような趣旨のことを言われました。
私の事をよく解ってる友人で、その子も犬飼いだし、批判では無く純粋に感想という感じでした。
私、今までそういう観点から考えたことが一度も無くて、驚きましたが同時に納得もしました。

私が必死になればなる程、お医者さんやうちの両親のなんとなく透けて見える冷静な感じ…
もうすぐ死ぬって判ってる仔にそこまでするの?
あれはそういう言いたかったんですね。

今回手術はしたくないってヴィが言ったので、今後は痛みを取るための処置しかしないつもりです。
進行具合を診る検査もしません。
幸い病院はカフェとセットになっているので、今のところ喜んで(?)行きますが、ムリはしません。

私もヴィの希望を最優先で行きます。
すごく良いお話を、ありがとうございます(*^^*)

2015/06/27 10:39 : ふじこ♪♪ URL : 編集
mon様♪
monさん、コメントありがとうございます☆

まだまだ辛い時に…
ありがとうございます。

今まで1ケ月遅れでずっともりぞーくんを追いかけてきたので、あと1ケ月は頑張ってくれるのかな。

実は、先日、腫瘍認定医の先生にヴィさん診て貰ったんです。
その時、知り合いのワンちゃん2月に肺転移判って、今4か月以上頑張ってるんですってお話したんです。
ヴィが転移してると思われるので、余命はあとどのくらいかってお話してた時。
そしたら、先生は抗がん剤無しで肺転移後にそんなに頑張ってる仔は稀だって。
「抗がん剤無しなら4か月、抗がん剤して半年~1年。それが骨肉腫のデータに基づく現実です。それ以上頑張っている仔は飼い主さんの為に頑張ってる。自分の体力の限界は超えてて、飼い主さんの愛情に応えようとしてるだけなんですよ。」
腫瘍認定医さんだからこそ、癌の子を本当に数多く見ておられるからこその言葉でした。

もりぞーくん、monさんの愛情にしっかり応えてたんですよ。
そして今頃、大吉くんや紋次郎くんとmonさんのお話で盛り上がってるに違いないですね。

ヴィさん、も少し後で合流すると思うから、その時は仲間に入れてやってね、もりぞーくん。
2015/06/27 11:06 : ふじこ♪♪ URL : 編集
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://volvoborzoi.blog.fc2.com/tb.php/145-1be6f15b