FC2ブログ

・RSS ・LOG IN














秋の家族旅行♪~弁天館編~ 2019/11/24

無事、職場復帰しました!
まだ普通食までは食べられるようになっていませんが、いちお、復活です(^^)/



お見舞いのお言葉、お花、プリンやゼリー、果物、栄養ドリンクの差し入れ、ゾっちゃんのお散歩や預かりの申し出等々、本当にありがとうございましたm(__)m

入院するたびに言ってますが・・・
今後は健康第一、ゾっちゃんも第一、仕事は程々で行きたいと思います!








さて。

入院の1ケ月前の10月半ば。

ふじこ家高齢恒例、秋の家族旅行に行って参りました。






今年の行先は母のリクエストで京都、天の橋立。

ヴィさんとは母子2人旅で訪問済ですが、ゾっちゃんは初めての場所です。






ルートは、行きは山陽道からでなく、日本海側を海岸沿いに上るルートをセレクトしました。








残念ながら初日は小雨。


なので途中のランチは、室内わんこOKの、安来市「居酒屋かば」さん。
ここ、最近超お気に入りです(^^♪



どこでも自宅のように3秒でくつろぐ、大物ゾっちゃん。
DSC_4036.jpg




父の海鮮丼。
DSC_4034.jpg



ふじこ、何をトチ狂ったか、刺身天婦羅御膳。もの凄いボリュームだった・・・DSC_4035Z.jpg



母はスペシャル限定メニューの秋鮭ときのこのバターホイル焼き定食。
写真がうまく撮れてなかったので割愛(^^;




ランチはどれも、サラダと煮物、酢の物はバイキングで好きなだけ取れます。
デザートに寒天寄せもあります。
食後のコーヒーもセルフで飲み放題。


これで、一番高い私の御膳が1000円位で、後はそれ以下。
んで犬が入れる個室が予約可。
ですよね!?

ここ。本当はあんまり教えたくない位、超超穴場です( *´艸`)





旅館に着いたらご飯食べなきゃなのにこんなに満腹で大丈夫かね~(>_<)と皆で言いつつ、ゆっくりドライブ。
小雨なので、観光地も車窓からとか、屋根のある道の駅とか。

ゾっちゃんのちっちはふじこが犠牲になって雨に打たれつつ・・・もうメイク落ちまくり







今晩お世話になる、ナビにいれた旅館「弁天館」さん、近くまで行くも見当たらず、少し迷う。

ちょっと住宅街入ったところの、こじんまりとした一見個人宅風のお宿でした。



※お宿HPより画像お借りしました
2[1]






天の橋立周辺で、大型犬が室内フリーで、食事も朝夕一緒にとれる宿、しかも老人連れなので食事処やお風呂が客室から遠すぎない宿(別棟に行くとかはね~)、という無理難題をクリアできた宿は、こちら一件だけでした。

選択の余地はく、即決したお宿。




到着して、車を停める場所が判らないので、お宿に私だけ先に入るも、どなたも居られず。
暫く待っていると、奥から出てこられました。
他のチェックインの方と被ったのかな?


旅館というより、規模やしつらえ、お値段も民宿的な感じなので、対応もそんな感じ。
あ、決して悪くはないですよ、普通です。





老人を先に旅館に入れて、ロビーに座らせ、ふじこは荷物とゾっちゃんを濡れながら数往復して運び込みます。





お部屋は、ゾっちゃんのトイレと両親のことを考えて一階にしました。

最近よく見る、ペット用のビニールみたいな畳の和室。
8畳位かな?綺麗です。



押入れが犬部屋になってて面白い。
ゾっちゃんでも余裕(*^^*)
DSC_4051.jpg








少し休憩して、ゾっちゃんをお宿併設のランに連れて行ってやりました。

余り使われて無いのかな~。
雑草が沢山で、石や木切れとかも落ちてたので、トイレのみで撤収。小雨降ってたしね







お部屋に帰ったら、もう夕食の時間。
時間は決められていて、宿泊者全員で一斉にお食事処で頂きます。

この日は満室。団体さん2組と家族連れが私達含め2組。
ヨーキー、チワワ×2、柴、ボルが18畳程の広間にテーブル4つで一同に会しました。

誰も吠えたり騒いだりすること無く、皆お利口わんずでした(*^^*)





やっとビール飲める~♪
DSC_4042.jpg






さすが海辺の旅館。
お造り、めっちゃ新鮮!!
サザエも大ぶりで美味しい(*^^*)
DSC_4046z.jpg






鮑、活きてて、火を付けたら逃げ出そうとしてた(^^;
DSC_4045.jpg







ふじこ~、ゾっちゃんのご飯は!?
DSC_4043.jpg






ゴメン、ゾっちゃん、ここ犬飯無いんだわ(^^;





ちっ。使えねーな
DSC_4048.jpg





お隣のお姉さま方の団体さんにめっちゃ可愛がって貰った、外面良しゾっちゃん。
皆様の記念写真にも、なぜか一緒におさまってました(一一")

あまりわんこが好きじゃない熟女柴の桃ちゃんには「ウザい!ガキ!!」と一喝されましたが、お得意のソロリソロリ作戦でここまで近づいたゾっちゃん。
お姉さま方に「チャレンジャーだね~」と褒められ(?)てました(^^;







でも。
デザートのアイスクリームが出る頃には、ちゃっかりお祖父ちゃんの元へ駆け付けてる。
やれやれ┐(´д`)┌
DSC_1707.jpg






こちらのお食事、予想外の美味しさでした。
どれも、きちんと吟味してあるって感じ。

そして、何より、お世話して下さった「りんごちゃん」似のお姉さんの接客が素晴らしかった!
ほんと、スカウトしたいくらい、素敵な対応で(*´▽`*)
うちの両親も感心してました♪

例によって、ゆっくりお酒と一緒に夕食を楽しむふじこ、いつものように一番最後になりましたが、嫌な顔一つせず丁寧にお給仕して下さいました。
ありがとうございました!!






持参のお弁当も食べて、お部屋に戻って満腹満足のお嬢。
DSC_4041.jpg







さあ、翌日は観光ですよ。

雨、上がるかなあ・・・




続く。





退院しました&【超自己流】増毛レシピ 2019/11/21

退院しました。





はい、ふじこ、またまた入院してました(^^;

いつものあれ。疲れたら内臓が動かなくなって腸閉塞起こすっていう・・・


内臓、職務怠慢なんじゃ???







今回、我儘言って、早く退院させて貰いました。
ゾーイを、長く実家に預けるのは心配で。
これまで、せいぜい出張しても3日間程度でしたから・・・


案の定、3日目からおしっこ行かない、玄関で帰りを待ち始めた、と両親からの業務連絡。


・・・ヤバい。ふじこ探しの旅に出たら大変!





ちょうど、ボルちゃんが高槻でトライアル中に脱走したニュースがテレビで中継されていて。見つかってホント良かった(T_T)
すっかり仲良くなった看護師さんに、
「うちにも同じ犬が居て、高齢の両親に預けたんですけど、も~、心配で心配で(T_T)」
て泣きついた。


しかも今回、主治医が新人超ダメダメ男で、完全に練習台にされて、チューブ入れた鼻や喉が血塗れに酷いコトになってた私。

ずっと同情してくれたカノジョ、
「私が先生に頼んであげる!ふじこさん、何回も腸閉塞で入院してるから、自宅でリハビリ出来るもんね!!」
神様に見えたわ~。ホント良い看護師さんだった




見事、これまでで最短日数で退院することが出来ました( ̄ー ̄)


とは言え、5日間絶飲食で点滴のみで生きてましたので、ジュースや牛乳レベルから始めています。
固形物を食べられるようになれば職場復帰出来ます!
焦るとまた、病院に戻されるので、急いでゆっくり(?)頑張ります。





ふぅ。
ふじこのヤツ、やっと帰って来た・・・
DSC_1837.jpg



退院翌日、ふじこの隣で放心状態のゾっちゃん。
ちょっと会わないうちに、大人っぽい顔になってた。






前回の入院はゾっちゃんが家の仔になって間もなくだったので、絆も出来てないし(笑)特に問題無かったのですが。


今回はね、やっぱり不安だったみたいで。

帰宅してから、ずっとべったり。
お風呂もトイレも、隣の部屋に行っても、尾行してきます(^^;寝てても起きる

ごめんね~、気をつけるよ。でも働かないとご飯食べられないしね・・・アタシタチ









さて。
ここからは、素人が贈る、根拠乏しい超自己流愛犬増毛レシピです。ハスキー母さんさん、お待たせ!

動物医療従事者の方やベテランブリさんからしたら噴飯モノでしょうが、どうぞお許し下さい(^^;病み上がりのうわごとだと思って






以前の記事にも少し書きましたが、増毛、食べ物の影響が大きいようです。

あと、体重がある程度乗って来ないと、吹かないです。これは絶対



ゾーイはボルゾイらしく(?)、子供の頃から食べない仔でした。
ヴィさんもそうだったし、ボルゾイ=若いうちは食べないって定説なのでそこまで心配はしませんでしたが…
なので、ボルパピはニョロニョロ期があるとはいえ、それでもかなり細かった(^^;



2歳から増毛に取り組んだのには訳があります。
○脚が心配なので、成長するまではあまり体重を増やしたくなかった。
○体重を増やすのにトッピングを多くする必要があるが、成長期の栄養バランスはフードに頼りたかった。
○パピ毛から大人の毛になるタイミングが増毛するのに最適だと思った。


あと、増毛レシピを実践するに当たって、フードをタンパク質含有量の多いグレインフリーフード【オリジンorアカナ】から通常のフード【アカナクラシックorアボダーム】に変更しました。
トッピングやオヤツでタンパク質をこれまで以上に取ることになるため、フードからのタンパク量を減らしたかったためです。

さらに、注意事項として。
●腎臓機能が悪いとか、お医者さんから食事について指示が出ている場合はNG。
●お腹壊しやすい仔やアレルギーある仔は向かないかもしれません。
●リンとカルシウムのバランスは気にして下さい。(同じものばかり続けて与えないことである程度は回避)
●私は異常な心配性なので、フィラリア検査時に血液検査と尿検査をします。その際、ドクターに半量手作り食であることを伝え、検査項目を追加してもらっています。



それでは、ゾっちゃん増毛レシピ。
こんな感じでした。

☆トッピングスープ☆
・アンコウ、エイ、マグロ、アナゴ、ハマチ、鮭、鯛など大き目の魚のアラ(特に皮)を茹でてほぐしたもの。
ゆで汁も一緒に。
・鶏ガラや手羽先の先などを圧力なべで煮込んで、脂を取り除いたスープ。
 これらを一食分づつ冷凍しておいて、茹でるか焼くかした鶏胸、ささみ、豚ロース、豚ヒレ、牛ロースなどと一緒にトッピング。
ゾーイはフード80グラムにトッピングも同量80グラム。

あとゾーイは乳糖成分分解できるので、牛乳でカッテージチーズ作って振りかけたりも。
ヤギミルクも時々。
アマニオイルも。




☆おやつ☆
・鶏とさか(ジャーキーメーカー)
・鶏モミジ(圧力なべ)
・鶏首(グリル)※
・鶏皮(脂を取ってジャーキーマイスター)※
・手羽先の先(茹で→ジャーキーメーカー→グリル)※
・豚耳(茹で→ジャーキーメーカー)
・豚足(圧力なべ)
・豚タン軟骨(圧力なべorグリル)※

※特に大人気なオヤツ(笑)


要はコラーゲン多い部位をなるべく脂の無い状態で、と意識したオヤツです。



普通のササミや鶏胸のジャーキーもたまには作りますが基本は上記のモノを。
で、オヤツ、といっても添加物0の手作りなので、食事のイメージで上げてます。
ゾーイは一回の食事、量を食べないので、カロリー足りない分をこれらで補っている感じです。








開始して3~4か月後からかな。
量は相変わらず大して食べませんが、やはり効果はてきめんで。
体重も増えたことは勿論ですが、毛量の増と共に、毛の手触りがびっくりする程柔らかくなり始めました。
そして、ツルンというかサラン、とした指通りに。




ただ、あまり体重増えてもいけないし、栄養が偏り過ぎてもいけないので。
しっかり毛吹いた今は、トッピング・オヤツの量を若干減らしてます。
そうすると体重も自然に2キロ程落ちました。






ついでに残り3割のファクター、
・ブラッシング
・シャンプー
・マッサージ
・運動
についても少し。



・ブラッシング
○皮膚を刺激するといいと聞いたので、櫛の後、イボイボのついたラバーブラシでもブラッシング。
換毛期は毎日、そうじゃない時は3日に一回。←手抜き

・シャンプー
○換毛期は2週間に一回に増やしました。そうじゃない時は1ケ月に一回。←手抜き

・マッサージ
○これはとても良いと思っていて、ヴィさんの時代からずっと続けています。
リンパマッサージです。首から前脚、背中、後脚のリンパ節を手で流していきます。
大抵のワンコが途中から、身体が暖かくなってきて、ウトウトしだします。
この時にダニチェックや傷、腫瘍チェックが出来て一石二鳥。
血流が良くなると思って、増毛作戦中は1日置きにしてます。
ゾーイは大好きで、おいで~、と呼ぶとダッシュで膝に来てどっすん、と寝ころびます。

・運動
○増やしました。
外気に当てる時間が出来るだけ長い方が育毛には良い、と読んだので。
仕事の日の朝も、例え10分でも散歩。夜はこれまでどおり1時間。
週末は予定が無ければRUN。
太陽に当てるため、バルコニーで一緒に過ごしたりもしました。
あと、冷房、暖房のし過ぎはNGとのことで、夏24度、冬18度を心掛けました。
四季の移り変わりを体感させることが、換毛&育毛に最も重要、なんだそうです( ^^)







なんか、色々やったので、どれが結局1番効果が有ったか良く判らないんですが(^^;

やっぱり食べ物が大きいな、と思っています。
体重の増加とともに、目に見えて毛量がどんどん増えて来たので。




増毛、というより年2回の換毛期を手助けして、同時に新しく生えてくる夏毛・冬毛のための栄養取らせるってイメージかなぁ。




もし、何か一つでも、「おっ、これは!」って思われるものがありましたら、お試し頂けたら幸いです♪