・RSS ・LOG IN














決断 2015/06/27

打つ手無し、の診断を頂いてしまったヴィヴィさん。
どうしても飼い主さんが手術したければ、協力はします、と優しい先生は言って下さいましたが、ヴィさん本人が嫌、と。
先生も、もうこれ以上の治療は自分の犬ならしない、このままステロイド投与で最期まで看取る、と。


抗がん剤治療をしなかった場合の骨肉腫平均余命と言われてる100日はとっくに過ぎてる。

判ってるけど…



延命のための痛い治療、苦しい治療はしない、と最初から決めてた。

今もそれは変わらない。





すっごく考えて考えて。






戦う相手を変えた。





今までは戦ってきた相手は「癌」。





これから戦う相手は「痛み」。







私は見かけによらず(?)気が強い。
最近、他の方のブログで拝見した、断脚手術で切断した癌になった脚を病院から返して貰い、お骨にして保管しておくというお話。
その仔と今まで一緒に過ごして来た脚だから、同じように供養してやりたい。
その仔が亡くなった際には一緒に葬ってやりたい。



(゜o゜)!!
そんな美しい考え方があったんだ。


ったく勝手に癌になりやがって、ワタシの可愛いヴィを苦しめて。
お前なんて産業廃棄物、ゴミだゴミ!!
 


としか思わなかった。そしてそうした。






えっと、なんの話だっけ。
気が強いワタシは全面降伏したくなくて。
戦う武器、ステロイドしかないのか。
痛みの原因の腫瘍の正体、結局判らないままで戦ってて良いのか。





ダメでしょ!!







転院した先生はとても丁寧に見て下さって、粘って粘って結局原因となる腫瘍を見つけて下さった。
でもホームドクターだから、予防注射から捻挫骨折から腹痛まで、何でも診なければならない。
診療器具だって限界がある。
当然です、まだまだお若いのに高額な医療器具を揃えられるはず無いもん。







癌の専門家、腫瘍認定医に戦い方を聞きに行こう!!





調べてみると、隣県に半年前、腫瘍認定医の先生が転院(?)してきてたことが判り。
早速TEL。


経緯を受付の方に簡単に話し、週末の診療時間の最後にちょっと無理矢理予約を入れて貰った。




先週の土曜日に行ってきました。
途中SA、おやつ買って貰えるからワクワクのヴィさん。






ヴィさん、今日は肌寒いからソフトクリームじゃなくてケーキにしようね~♪









楽しくドライブ2時間、到着です。前の主治医より近かった(-_-;)





とても綺麗で広い病院。
最後なので患者さんも私達だけ。



先生は、まだ40代前半と思われるきびきびした方でした。
でもすっごく説明解りやすい。
そして頭の回転が速い。

私が持って行ったこれまでの経緯を書いたレポートを読み、それに記した私の質問を確認し、それを解決するために
・血液検査
・エコー検査
・触診
をこれからします、もしそれで判らなければ
・細胞診
追加します、とテキパキと説明され、実行。


あ、うち、母子共に分離不安なんで診察すべて同伴でお願いします、のお願いはあっさりOK。
助かりますわ~、とか言われました(笑)


ちなみにヴィさん、初めに先生の顔見るや、「バウ!」と口の中で威嚇吠え。
ふじこにドヤされました。



血液検査、またしてもすべて異常無し。
炎症や痛みが酷い場合に数値上がる項目を中心にして下さいましたが、どれも正常なので、今ヴィちゃんそんなに痛かったりは無いですよ、ちゃんとステロイドで疼痛コントロールされてます、って。
心配してたステロイドの影響も出て無くて肝臓もOKでした。

そしてエコーと触診で、
「これは腰下リンパ節への骨肉腫転移ですね。」
とあっさり。
5か月前に骨肉腫で断脚してて、この位置にこの腫瘍、細胞取って診るまでも無いです、と。


抗がん剤治療するなら詳しく調べないといけないけど、今更抗がん剤はされませんよね?と先生。
はい、しません、というと、
ですよね~。←結構、友達みたいなノリで喋る先生でした(笑)
これ、手術出来ませんよ、触っても硬くて動かないし、がっつりリンパ節に根付いてますからね。
大きいし。5センチあるもん。
ん、放射線?
この手のにはあんま効かないし、ここ、膀胱とか大腸とかあるからね、ピンポイントで照てるの難しい場所だよ。
確か○大付属(地元の大学病院)には細部照射の放射線装置無かったはず。
レーザーのICG?
僕殆ど経験無いんだけど、あまり効くイメージ無いなぁ。
レーザーはどうしても軽く皮膚火傷するよ。痛がるしね。
しかもこのサイズの腫瘍だと長時間&長期間必要だからヴィちゃんの負担大きくない?
エヌセイズ?
ん~、もう、その段階は過ぎちゃってるね。
エヌセイズ投与で意味が有るのは転移前、断脚手術後だから今はステロイドで正解だよ。


ふじこの疑問、全て解決。





は~い、他には何か?って先生最後は面白がってました(^^;
    


でも、はっきり言われました。
抗がん剤しない場合の余命はとっくに過ぎてる。
これだけ大きな転移腫瘍がリンパに有るんだから、まず以前のレントゲンの肺の点は転移。
今日レントゲン撮って確認するまでもないよ。ヴィちゃんの負担になるだけでしょ?


今生きてるのはね、ヴィちゃんが飼い主さんの期待に応えようと頑張ってるだけなの。
体の限界は、平均余命過ぎてる時点で来てるんですよ。
こっから先はヴィちゃんの飼い主さんへのこれまでの愛情の御礼です、って。


この若さで、抗がん剤してないのに発症半年過ぎて、自分で歩いて診察来てご飯食べてるなんて凄いです。
もっと頑張れじゃなくて、良くやってるって誉めてやらないと、って。



何か、心の整理がつきました。
これまで癌の子と飼い主さんを沢山診てこられた先生だからこそ、の言葉だな、と。
これから先の心構えを教えて頂け、本当に有難かった。






痛みを取りたいともう一つ、私が先生にお願いしたのが骨転移させず死なせたい、ということ。


ヴィは、断脚前に痛みで死にかけています。

ここにあまり詳しく書きませんでしたが…
食べない飲まないのは勿論、私の顔も判らず、目の焦点も合わず、放心状態。
行ったこともない部屋の隅や廊下の端に行きたがり、顔を暗いところ狭いところに突っ込んだり。
死に場所を探しているのは明らかでした。

あの痛みを2度とヴィに味あわせたくない、と言えば聞こえは良いですが、私が見たくないんだと思います。
何もしてやれない、自分の無力さにこっちが死にたくなりました。




先生に理由を話すと、なるほどね~・・・と考えることしばし。




費用が掛っても良いですか?と先生。
この先何年もじゃないので構いません、というと、

○ゾメタの投与(静脈注射)
○パラディアの投与(経口薬)
を提案して頂きました。



両方とも私的に以前は候補に入ってましたが、今の状態には効かないのかな、と思ってたので素直に質問。


まずゾメタ。
先生、ゾメタって骨の痛みに効くんじゃないんですか?だから骨肉腫で断脚しない仔がする痛み止めだと思ってたんですけど?って聞くと、勿論100%じゃないけど骨肉腫転移腫瘍にも効いたよ~、但し経験上だけどねって。
値段高いけど、副作用もめったに聞かないし、効くタイプの腫瘍ならバツグンに効くし月に1回で良いからね。
試してみてもいいんじゃない?って。

あとパラディア。
最近流行りの分子標的薬。
これも、転移を防止する経口薬だから、肺転移した今から飲ませても意味無いと思ってました。
先生に、そう聞いてみると。
今、痛がって無いということは骨への転移は無いと思われるから、これ以上の転移を防ぐのにメトロノミック療法で少量投与は良いと思うよ、副作用も抗がん剤に比べたら全然少ないし。
今、自分の手元には一箱しかないけど。
これ今、品薄だし高いから個人輸入してる人が多いみたいだよ。
副作用怖かったら、この一箱を少量から始めて大丈夫そうなら輸入したらどう?と。

本当は、40ミリ/隔日が良いと言われましたが20ミリ/隔日で始めてみることにしました。

ゾメタは高価だし普段使わないので、取り寄せないと常備はしていない、と。
だから近くのお医者さんに頼んで取り寄せて貰ったら?
そんなに投与難しくないからどこのお医者さんでも出来るよ、ただやったこと無いとか効かないとか言われるかもだけど。
ふじこさん、そんだけ調べてるからお医者さんに説明出来るでしょ(笑)って。


先生、遠方なんで私たちが今後ここに通うとかっていう発想は全く無く。
すごい無欲(?)な先生でした。
かといってテキトーって訳ではなくて、すごく一生懸命、親身に見て下さいました。
当然の如く、病院を出たら午後の診察時間を1時間以上過ぎてました。
先生、ありがとうございましたm(__)mすんごいエラソーにいっぱい聞いてすいませんでした











さて、と。


ナビで検索かけるとイケる距離だな、アカリ。


カフェと病院はヴィヴィさんの中でセットだからね。







今日はラストオーダー前に着けたので満員御礼。








こらこら、今日はお客さん多いんだからジャマだよ(-_-;)








飼い主は和風ハンバーグ。








飼い犬はプードルサイズのジャガイモ砂肝煮×4つ分を一皿に詰め込んで貰い・・・







更にワッフルのトリプルサイズを完食。








その後飼い主のベリーベリーワッフルを1/4強奪( ̄▽ ̄)







癌には炭水化物は厳禁だけど・・・
もうヴィさんは癌とは戦わないからね(*^^*)

痛みには食物制限無いからOKよ~♪良い仔は真似しちゃダメダメ。ふじこ理論です
好きなもの、美味しいもの、沢山食べようね!








お家に帰ってまったりのお嬢さん。






ちなみに体重、2週間前より1キロ増えてました。末期癌のクセに・・・






週末にはルタオのプリンとマスクメロンのケーキが届くから、一緒に太ろう食べようね(^^)/~☆














今後の方針 2015/06/20

少し間が空いてしまいました。
自分の中で、気持ちの整理がつかなくて・・・
ご心配おかけして申し訳ありませんでしたm(__)m







先週土曜日、断脚面近くに出来ている腫瘍の検査結果を聞きに&肺レントゲンをもう一度撮りにお医者さんへ。


結論から言いますと、腫瘍ははっきりした検査結果が出ませんでした。
検査結果が委託先から返送されるまで、まさかの13日間も掛ったのに、
・肉腫が疑われる
・リンパ腫では無い
ということしか判らず進行度、悪性度なにも記載無し(-"-)


肺のレントゲンも、再度撮りましたが一週間前のと比べてあまり点が大きくなっておらず、今回も確定には至らず。
ただ、点の数が増えていました。
なので恐らく転移で間違いないですね、とのことでした。



そして、先生のお見立ては断脚面の腫瘍は外科手術しない方が良い、このままステロイドで最期までだましだましいきまししょう、との見解でした。
要は、打つ手無しってこと。

自分の犬なら手術しない、体の内部に出来た腫瘍だから完全に取り切れないし、そうなったら癌細胞が体内で飛散してあちこち転移する可能性がある、まして肺転移していたら余命わずかなのに、痛い思いをさせるのは可哀想。
大学病院で放射線という手もあるが、毎回全身麻酔だし現実的ではない、と。
確かに仰る通り、ごもっともな納得の診断でした。


先生、短い付き合いですが、私の性格は熟知されたみたいで、期待に応えられなくてすいませんすいません、って何度も何度も謝っておられました。私そんなに怖いかな-_-;
とんでもない、前の主治医が拒否した、癌の転移を見つけて飼い主に告知する、っていう、有る意味死刑宣告的なすごく嫌な役目を引き受けて下さって、本当に感謝しています。


そして私がこのまま引き下がるとは全然思ってないらしい先生、この次はいつ来て下さい、とか今後はこうしましょう、とか全く仰らず、手切れ金にステロイド100錠入り一箱出して下さって、今後どうするかはよく考えて下さいね、で診察が終わりました。
私が暴れて泣き叫ぶとでも思ったのかしら(笑)
まさに腫れモノに触るかのような(^^;


ほんと優し~いソフトな先生です。優し過ぎて、若干心配だ~











さ~て、どうしようかな。←やっぱり大人しく引き下がる気無い(笑)











取り敢えず、カフェ行こう。







今日も夕方からの診察だったから8時過ぎたんだけど。
アカリさんに電話したら、構わないからおいで~って言って貰えたので。
来ちゃった♪





もうラストオーダーの時間過ぎてるから貸切です。







着いたらソッコー水分補給するヴィさん。






ステロイド効果で、それはそれは真剣にカフェ飯出待ちです。






人間は竜田揚げ☆
めっさ美味しかった。
ヴィさんも衣剥がして一切れげっと。最近激甘っす







ヴィさん、超特大サイズのジャガイモの砂肝煮。
このサイズを完食まで、10秒(-"-)







デザートはワッフル。
写真撮ってるのにフライング(-_-;)






足りない!
足りない!!
と訴えるので。






さらに小盛りのジャガイモ砂肝煮追加。
大丈夫か、この仔・・・






人も犬も沢山食べてPM9時過ぎ。
閉店時間も過ぎちゃった。
ごめんね、TAMIさん、どうもありがとう。

ヴィさんもうすぐ死んじゃうなら病院何時に終わっても電話くれたら開けとくから寄って帰って、って言って下さいました。
はい、ヴィさんが食欲有る限り、お言葉に甘えさせて貰います。
ほんとこの仔、いつも楽しみにしてるんで。







帰りの高速のSAで、高原の生しぼり牛乳も綺麗に一本飲み干した癌患者(末期)、ヴィさん。








家に着いたら晩御飯は?とキッチンカウンター横でご飯待ち(-_-;)









動きこそ緩慢とはいえ、ステロイド効果だけど食欲スゴイし、まだ排泄散歩は出来るし。
こんな状態であと余命2か月も無いのかな?

私的には痛みが出始めてエヌセイズが効かなくなってからのステロイド、を想定していました。
カウントダウンに入っての最後の手段でステロイド投与だと思ってて。
今、先生はもう余命あまり無いからステロイドの長期投与の弊害は気にしないで良いですよ、って見解なんですが、こんなに食い意地張ってても、肺に転移したら余命ってそんなものなのかなぁ。
意外にしぶとく数か月生き延びて、ステロイドのオーバードーズで他のところに障害出て苦しんだら、可哀想すぎるよなぁ。


お願いしてステロイド、一日25ミリグラムから隔日15ミリグラムに減薬して貰ったけど、長期投与を想定するならまだ多過ぎる気がする。
リンパ腫じゃないから腫瘍縮小効果で飲ませてる訳じゃないし、ね。
実際、2週間の間は25ミリグラム/日飲ませたけど、腫瘍はサイズ変わらなかったし。
う~ん(悩)







手術は、しないつもり。
ヴィさんがしたくないって言った。
ホントに言った。
とうとう、コイツ、私と会話出来るようになりました。
この話は長くなるのでまた今度。
すごく不思議な体験でした。








新しい先生のお見立てはセオリー通りだし、納得してます。



でもでも、もうちょっとだけ悪あがきしてみようかな。
私、しつこいんで。












実家のソファーで最近お気に入りの座り方。

人間にしか見えない・・・











先日、ヴィさんの1ケ月前に同じ骨肉腫を発症して、ずっと一緒に頑張ってきてたニューファンのもりぞーくんが、お空へ旅立ちました。10歳の男の子で、2月に肺転移が判ってから4か月以上も頑張ったお利口さんでした。
とてもとても淋しいです。
でも、もう苦しくも痛くも無くなったんだもんね。
安らかに過ごしてね。
ヴィさんがそちらに行ったら、仲良くしてやってくれるかな。
どうぞよろしくね。





葛藤 2015/06/13


仔豚ちゃんの仔豚ちゃんです。はっ?





5月の一番最後の週末、遠く関西から遊さんがお見舞いに来て下さいました。

もちろんポケットの中に、れおんくんを連れて。









れおんくん。遊さ~ん、画像お借りしましたm(__)m
reonn.jpg









大きくて、とても綺麗でお利口なイケぼるくんでした。遊さ~ん、こちらもお借りしましたm(__)m
P1000536.jpg





でした、というのは2年前の夏、虹の橋へ長期旅行へお出掛けになり。
今こっちに不在なんです、れおんくん。


その頃、綺麗なボルさんだな~、ってこっそりブログ読み逃げしてた私。
ブログでちょっと調子悪いって観てはいたけど、まさかそんなに重篤だったとは思いもせず…
虹の橋への旅立ちをブログで知った時ものすごくショックで。

堪らずお悔やみのコメントを送りました。



それ以来のお付き合いです。









いつかお会い出来たら、と思っているうちにヴィさんの骨肉腫が発覚。





今回、本当にヴィさんのお見舞いだけの為に来てくださいました。
ふじこの家と駅以外、一切外出もせず、こんな遠くまで来ていただいて、一泊二日でとんぼ返り。
本当にすいません、ありがとうございましたm(__)m

ヴィさん、沢山沢山遊さんに撫でてもらって甘えてました。
ご存じのとおり、そんなに人懐こい仔では無いので、遊さんのこと解ってたんでしょう。






しかも少し前、なんと、れおんくんとヴィさん実は親戚さんだったことが解り、びっくり。

どおりで私、れおんくんに魅かれた訳だぁ、と納得しました。













沢山お土産頂いた中に有った、仔豚さん用の仔豚さん。




予想通り、どストライクでした。




ステロイド飲むと3時間後に訪れる、ハイテンションタイム。
可哀想に仔豚ちゃん、毎日餌食です。
噛みついて振り回し、放り投げる。
完全に「狩って」ます…

この悪人面、スゴい。越後屋も真っ青(-"-)











でも体力無くなってきてるので、最近は2分程でバトルは終了します。


   






その後は顎置きにもなる、素敵に使える仔豚ちゃん。











この時遊さんに、介護の心得とか色々教えて頂いたのだけど・・・

まだもう少し先だと、この時はそう思ってました。
でも2週間しか経ってないのに、刻々とその時が近づいているようです。



治療が出来ない、痛み止めを飲ませ、ガンの進行を黙って見るしかないという現実。


今日病院でもう一度先生に、断脚した付近に出来ている転移した悪性腫瘍を取り除くことが出来ないか聞いてみます。
肺への転移も今日レントゲンを撮ればはっきり判ると思います。


延命でなく、痛みを取ってやるために、出来ることなら除去してやりたい。



未だに血液検査は異常無しで、食欲もステロイドのお陰で犬生マックス。
おしっこもウンチも良好。
なのに痛みからか、徐々に弱って来てるヴィヴィさん。


このまま見てるだけなんて、耐えられません。




この期に及んで、難しい摘出手術するのはヴィさんにとって辛いだけなのかな?
例え肺転移で2か月後には死んじゃうにしても、痛みを取るために、手術してくれる高度医療対応病院探した方が良いのかな?
痛み止めをしっかりプログラム組んで、切れ目なく投与するのが一番ヴィさんは楽なのかな?
私ならどうだろう?
ヴィの気持ちはどうなんだろう?
何が正解?
どれが最適?


毎日毎日葛藤しています。

頭、パンクしそうです。




こんなに… 2015/06/07

やっぱり気になるので病院へ行きました。


検査結果はまだだけど、食欲出て体力ついてきたみたいなので、検査結果によっては摘出手術した方が良いかも、と先生と話し合い、念のためもう一度先週と同じ位置をレントゲンとエコーで見ておくことに。



まずはレントゲン。
私も被爆防止エプロン着けて、レントゲン室に一緒に入ってるので、撮ったものをその場で先生と一緒に観ます。
先週と変わり無し。



エコーは、腫瘍のサイズ変わり無し。大きくなってはいないけど、小さくなってもいない。
やっぱり取った方が良いかも、と再度話す。




最後、診察室でPCに落としたレントゲンデータを拡大して先生がチェックしていた時のことでした。




肺のレントゲンを拡大すると丸い点がひとつ。


先週の肺のレントゲン写真を横に並べて比較すると、先週のには丸い点は有りません。






転移?






先生は、小さすぎて確証はまだ出来ないけど、怪しい、と。


転移なら、先週のに無くて今週出てるから、かなり早いスピードだそう。


一週間後にレントゲン撮って、大きくなっていればほぼ間違いなく転移。




転移だったら余命2~3か月ですか?と聞くと、若いし、転移のスピードが速いので、そんなには持たないと思うって。




・・・不思議と涙は出ませんでした。
骨肉腫と判明した時の方がショックだった気がします。



まだ確定じゃないから?

違うな、何でだろう。

先生の声が、遠くで聞こえてるような。
先生と自分のやり取りを外から別の自分が観てるような。
現実じゃないような不思議な感覚。





その後のことあんまり覚えてません。




取り敢えず来週またレントゲン撮ったら確定、なのかな。











病院済んだら、もう夜8時過ぎてたけど。



あと何回イケるかわからないからこそ、行かなきゃね。

カフェ、いこ。





今日は遅いからアカリはもうラストオーダーの時間過ぎてるし。





何回か行ったこちらへ。
夜10時までやってるからね。ゆっくり食べられるよ。





ワイズ・ドッグ・カフェさん








今日は涼しいし、オープンテラスの席にしようか。
紫陽花とヴィさんのコラボ。








そういえば、前来た時もテラスだったね。
店内チワワちゃんが大量に居てヴィさんめっさ吠えられたっけ。







肺転移、どれくらいでご飯食べられなくなるのかな。

今のうちに沢山食べよう?

お店のわんこメニュー、全部頼んだけど、売り切れも有って残念。




野菜のケークサレ





ひじきとおからのハンバーグ





黒ゴマのシフォンケーキ





瞬殺でブレブレ。
相変わらずのステロイド効果は健在。







この後、一番気に入った模様だったハンバーグをダブルで追加。

私のピザの端っこもほぼ全部平らげ。










まだなんか欲しい、の背中向けお座り。








仕方ないので人間用のバナナケーキのセットをデザートに頼みました。






私と半分こ。ていうか私が3でヴィが7。











ヴィさん、こんなに可愛いのに。

本当にもうすぐ死ぬの?






置いて行かないでよ…






驚愕のステロイド効果 2015/06/06

一週間経過しましたが、まだ検査結果が来ません(T_T)
怖いよぅ・・・




昨日、晩御飯食べて大好きな金曜日の夜をマンキツちうのヴィヴィさん。


明日と明後日はお留守番無しだぉ♪







ひとつ前の記事のオサシン(1週間前のです)に比べて、明らかに目力あっぷな仔豚。







なぜに???





食べ始めましたから、ヴィヴィさん。
中学生女子のダイエットメニュー卒業して、体育会系の男子高生ばりの嗜好にシフトしてます・・・








といっても、副作用ですケドね。ステロイドの(-_-;)



ま、良いんです、今はどんな手段でも取り敢えず口から食べて貰わねば。




ステロイド(プレドニゾロン)5ミリグラム×5錠 1日1回。
体重1キロ当たり1ミリグラムの投与量なので、腫瘍抑える効果というよりは消炎効果狙いなのかな?
ステロイドによる免疫低下からの感染症防止に、抗生剤も同時投与しています。
ステロイド投与は先生からの提案。
腫瘍の種類が不明で治療方針が決まらないままの投与、少し悩みましたが先生としっかり話し合い、今は結果が出るまでの間、少しでも体力回復させるのが得策、と決めました。

先生は、リンパ腫でも骨肉腫転移でもステロイドなら痛みを押さえられる、という視点から。
私は副作用で食欲が出れば、今のこの全然食べない状況から抜け出せるかも、という考えで。

お互い思惑は違うけどステロイドに期待し、投与を決めました。



前回の腫瘍を発見した先週木曜日の夜、ステロイドを注射して貰って帰宅。
ちなみにヴィさん人生初ステロイドでした。

帰りの車の中で、既にハイテンション気味のヴィさん。
動きが良い・・・
効果、早っ!

途中SAでトイレタイム。
やっぱり良く動く。

高原の生絞り牛乳、買ってみる。
と、200CC、一気に飲み干すヴィさん。

うそっ(゜o゜)
ここ最近、お水以外は嫌々、ほんの少量を口にするだけだったのに。

家に帰って、クロワッサンやってみる。
食べる!
最近はパンはおろか、ケーキすらルタオとかお気に入りを薄く一切れとかしか食べなかったのに。
じゃ、ジャーキーは?
食べる!!
お肉系食べたの、1週間ぶりだ!!!


でもここ最近ホントに食べてないので、急にやったら胃腸に悪いと思い、これで終了。
嬉しくて小踊りしたふじこ。←ホントに踊った



いつものように夜中2時に起きてきたヴィヴィさんに、もっかいジャーキー。
食べる!夢じゃ無かった!!嬉しい~(T_T)




翌日の朝6時。
さぁ、ヴィさん、朝ごはんのジャーキーだよ~(*^^*)





ぷぃ。





え?





じゃ、クロワッサン??





ぷぃ。





効き目、6時間かよ~(T_T)/~~~
ふじこ、仕事行くからね~。
保育園(実家)にお預け。






お昼も食べなかったらしい。ふじこ母談







帰宅後の夜、ステロイドを経口投与。




1時間後、ジャーキーやると・・・
食べる!







ガツガツでは無いけど、数枚食べました。
ビスケットも数枚。
オヤツの牛革ガムも一本。


効いてる間はやっぱり食べるんだ、と確信。
すごいな、ステロイドの副作用











この日は朝ご飯までは効いてました。
朝も数枚のジャーキーを食べてくれました。
あ、ちなみにジャーキーといっても手作りの乾燥肉です。
お肉薄く切ってジャーキーメーカー(ナナライレオママからのレンタル)で8時間乾燥させたもの。
ちなみにこの時点ではイノシシのジャーキーしか食べなくて(-_-;)
アイリーンママとナナライレオママが駆けずり回ってイノシシ入手してくれましたm(__)mいつもすいません








そして。



日が経つごとに副作用効き目は絶大に。




カリカリにしたジャーキーしか食べなかったヴィヴィさん、遂にソフトなジャーキーも食べ始め・・・




イノシシジャーキーしか食べ無かったのに鶏レバー、ささみジャーキーもOKになり・・・





1食当たり、鶏レバージャーキー100グラム、ささみジャーキー3本、鶏軟骨グリル100グラム。
またはイノシシジャーキー100グラム、鶏胸ジャーキー100グラム、K9もしくはビルジャックのフード50グラム。
これを1日3回食べれるまでの食欲が復活(゜o゜)






一昨日からは、な、なんと、手作りご飯(野菜超少な目)が復活。
ええと、1ケ月ぶりです。





正直、もう、手作りご飯食べる程の食欲が戻ることは無いだろうと思っていました。



昨日の夜は牛肉、鶏ミンチ、舞茸、キャベツ、スプラウトをオリーブオイルで炒めたものに茹でたジャガイモ少量を混ぜて、冷めたら根昆布粉末とアマニオイルを少し、のご飯を200グラム、その後オヤツにジャーキーもちゃっかり。





いつまで続く、ステロイドマジック。
噂にたがわず、良くも悪くもスゴい薬だ・・・






あ、多飲多尿もハンパ無いです、ちなみに。

あと、変なハイテンションが投与後2~3時間で始まります。

その時間に呼吸も浅く、早くなります。





ちょっとコワいし、ステロイドの肝臓への影響も気になるし、腫瘍のサイズ変化も心配だし。
検査結果出なくても今日あたり血液検査とエコーに行ってこようかな・・・と悩んでます。


でも、前の病院より近くなったとは言え1時間半はたっぷりかかるので、あんまりヴィさんに負担かけたくないしなぁ。







とか言いつつ、きっと私は行くんだろうな。神経質なふじこさん