・RSS ・LOG IN














旅立ちとお迎え 2017/04/23

まず一つ目のご報告です。






保護犬ブランカ、紆余曲折ありましたが、幸せをゲットしましたよ~!

3月の終り、無事、日本の真ん中らへんにお嫁入りを果たしました!!



本当に可愛くて、賢くて、結局、最後まで触らせてくれなかったけど大好きな仔でした。


もし、このまま希望者さんが現れなかったら、私の娘にしよう。
実はそう思ってました。






今は、ブランカ、素敵な優しい女性のお家の仔になり、静かに平和に暮らしています。
1492338221751.jpg







しかも近くに保護活動の大先輩が居て、しょっちゅう里親様宅を覗いてくれています。
本当に良かった(*^^*)




ブランカのお陰で、私はヴィさんでは無い犬でも、一緒に暮らしたら可愛いって思えるんだ!って解りました。
犬と暮らすことの幸せを思い出させてくれました。
感謝の気持ちでいっぱい。
ブランカ、ありがとう、本当にありがとう。




そして、今回の譲渡に際して、尋常じゃない迷惑をかけてしまった先輩、すいませんm(__)m
でも、お陰でブー、本当に幸せそう。
どうもありがとうございました。
なんか、送りますね(笑)醤油が良い???














そして二つ目のご報告です。








ヴィさんの妹、迎えました。
DSC_8996.jpg





瓜二つですが、ヴィさんと血は繋がってません。
でも、そっくりです。初めて見た時、うちの両親絶句・・・

ちなみにこのオサシン、我が家に着いて、1時間後くらい。馴染みっぷりが尋常じゃない(^^;DSC_8952.jpg








ゾーイです。
現在、4か月。目が合うと、取り敢えずお股開きます(^^;DSC_9115.jpg









この、ゾーイさん。
さすがヴィさんの妹、なかなかのオンナでして。







お迎えに行き、一緒に飛行機で帰って来ましたが、空港からの帰りの車内で、既に当然のようにヴィさんの定位置で爆睡。
仕方ないから、ゾーイ入れるつもりだったゲージにスーツケース入れて帰った(笑)DSC_8948.jpg







んで翌日には、犬部屋のカーテンを引きちぎり、
DSC_9031.jpg



カーテンポールを壁から落下させました。
DSC_9027.jpg







そして、トイレのしつけが出来るまでは仕切って使う犬部屋のフェンスを乗り越え、帰宅するとあちこち傷だらけで血塗れになってて。ふじこ驚きのあまり号泣~

止む無く折角作ったフェンスを徹夜で撤去。骨折でもされた日にゃ




12帖丸々ゲット。てか12帖全てがトイレ掃除するこっちの身になれ!
DSC_9026.jpg



ちなみにこのフェンス、ヴィさんは成犬になっても一度も乗り越えることは無く"(-""-)"







そして4日目には、内開きのドアを開けるというある意味天才的な技を見せ、2階の犬部屋から脱走。

帰ったら、玄関で満面の笑み浮かべてお出迎え!!どうやって階段降りたんだよ( ;∀;)








でも良いんです。
可愛いから。
DSC_9222.jpg





顔が可愛い。
ヴィさんそっくりのぶっといアイラインとちょっとだけ丸過ぎな大きな瞳。






近所のわん友さんも「ヴィちゃんかと思ったわ!!!」ってびっくりしてました(^^;






当然、両親はメロメロ。ヴィちゃんとかぶーちゃんとか色んな名前で呼ばれてる…

ちなみに今回も事後報告(笑)






先週でちょうど4か月。
記念に(?)シャンプーしました。
初の爪切りも耳掃除もドライヤーもパット裏の毛のカットも難なくクリア。

洗いたてで白さ輝いてます^m^
どうやらヴィさんと同じ、プラチナホワイト混じりな感じ(嬉)
DSC_9103.jpg








お庭遊びも大好きです。
DSC_9121.jpg






花も食べるし、石も食べるし、砂も食べるし(笑)
DSC_9146.jpg






脱走も常に企んでます"(-""-)"
DSC_9120.jpg







ヴィさんが亡くなってから一度も足を踏み入れなかったお散歩コース、思い切って行ってみました。



不思議なことにゾーイは、初めてのカラーも、リードを付けてのお散歩も何もかも当然のように受け入れます。
まるでヴィさんのように・・・
DSC_9190.jpg






呼んだら一目散に走り寄って来る姿も、まんまヴィさんです。
DSC_9185.jpg





ヴィは父が大好きでしたが、ゾーイも父が大好き。
DSC_9202.jpg





好きなおもちゃも、家の中の好きな場所も同じ。
ヴィさんのように、私がお風呂やトイレに行くと後追いしてヒンヒン鳴きます。
私に何かして欲しい時に、お座りしてアイコンタクトするのも、全く同じ。

余りにも色々そっくりなことが多くて、最近はもう、驚かなくなりました。







ただひとつ、トイレがなかなか覚えられないのは、ご愛敬(^^;梅雨までには頼むよ~

あああ、言ってる間にまたやっちゃってる(T_T)








あと、少し小振りなので(4か月現在12.9キロ、同じ頃ヴィさんが15キロと少し)、がっつり食べて大きくなって欲しいのだけど。



オリジンは大体の仔が好きだし、ヴィも食べてたのでゾーイも迷わずオリジンにしたんですが・・・
DSC_9084.jpg




オリジン、そんなにお好みで無いみたいで(T_T)






お腹は丈夫みたいだし、私的にはノーグレインが良いかなと思うんだけど。

どうしよっかな~、アカナか、エボ試すかな・・・悩む"(-""-)"











昨日、夕方お散歩に行ったときのオサシン。

雲雀の声にお耳がピン!
イタグレもどき^m^可愛いね~
DSC_9230.jpg








私を深い闇から救いだしてくれて、ありがとう。

これから、末永く、どうぞよろしくね。ヴィさんと共にね





お里のママさん、近状報告、遅くなってごめんなさい。
少しは安心して貰えまたかなぁ。




ママの大事な大事な娘、大切にします。








ご報告。の前に・・・ 2017/04/16

少し、ご無沙汰しておりました。





年度末の忙しさに、ブーの嫁入りと新たな家族のお迎え、おまけに愛車ぶつけちゃったりして^_^;

この一カ月、PCの電源入れる事さえせず・・・







今日は皆さんに嬉しいご報告を2つ、させて頂こうと思っていました。





ですが、その前に・・・








昨日、久々にお休みが取れて、PC立ち上げお友達のブログを訪問しました。



そうしたら、ずっと前からブログに来て下さっていたお友達わんこ、車いすで、でもいつもニコニコご機嫌さんで走り回ってたとっても可愛い男の仔わんこが、4/11にヴィさんのトコロへ走って行っちゃってたことを知りました。





犬種は違ってましたが、お会いしたこともないのですが、飼い主さん、とても暖かい素敵な方で、ヴィさんの闘病の時にも、親身になって慰めて下さいました。

ブログからも、わんずに対する愛情と優しいお人柄が溢れ出てて・・・






彼女の今の気持ちを思うと、自分の時と重なって、いたたまれない思いです。






らん丸くん、お空の世界で、楽しく皆で仲良く過ごしながら、の~んびりとパパとママを待っててあげてね。
何十年かしたら、また一緒に暮らせるからね。
ヴィさんにもそう言ってあるの。
だから、大丈夫なのよ。




でね、お願いなんだけど、ヴィさん、どんくさいんだけど、鈍いんだけど、時々でいいから一緒に走って遊んでやってくれるかな?
どうか、よろしくね。























TR(0) | CM(-) | 未分類 | Page Top
大失敗(-_-;) 2017/03/07

ブランカが来て2週間と少し。


室内での後追い、姿が見えないと鼻泣きして呼ぶ、等々、若干、私への依存傾向が見えてきた。
触らせないクセにね。




これはいけない、と土曜日は私の仕事中、両親に頼んで一日ブランカと居て貰った。



ブランカ、ゲージ内のベットの裏に隠れて、一日中震えていたそうで・・・
トイレにも怖くて出られなかったらしく、排泄も一回も無かったそう。





で、夜、私が仕事から帰って部屋に入ると、なんか匂う?

はい、シートいっぱいにゲリピー撒き散らしたブランカが居ました。
朝は元気いっぱいで、朝食後に良いウンチしてたんで・・・
ストレスですね、明らかに(T_T)
そしておしっこも怖くて我慢してたので膀胱炎。
ああぁ~(T_T)









日曜日はブーと私水入らず(?)で過ごし、無事。









で、本日の月曜日。



私は出勤。



私が早く人に慣れさせないと!って焦ってたのを見てた父が、気を聞かせて勝手に昼間、来てくれていたらしい。




全然慣れんよ~、今日もずっと震えとる!って夕方父からメール。



げ、ヤバい、お父さんに釘刺しとけば良かった!!って後悔しましたが後の祭り(T_T)



仕事から帰ったら土曜日を上回る惨劇が繰り広げられていました( ;∀;)



シートだけではなく体中、ピーピーにまみれたブランカ・・・
ああ、また黄ばんだ犬になってる←そこ?




土曜日はピーピー、身体には少ししか付いてなかったので、体を触ってこれ以上ストレスをかけたくなかったので拭きませんでしたが・・・


今日はそんなレベルは振り切っている。

洗わないと、ブーが腐る。
そんな感じ。


ゲージを開けると、可哀想に気持ち悪かったんだろうなぁ、ブー、飛び出てきた。

ゲージもベットも毛布もピーピーまみれ。
ピーピー過ぎて血も混じっている・・・



兎に角早く洗ってやらなきゃ、と捕まえようとしても、逃げる逃げる。

ゲリピーにまみれた体で、リビング中逃げ回る。

マットにもソファーにもゲリピーの足跡付けて逃げ惑うブー。

部屋中に異臭が漂う・・・





涙が出てきた。



こんなに心配してるのに、なぜ伝わらないんだろう。




折角今まで築いたブーとの信頼関係、これで終りだな。
また一からだな、こんなに追いかけ回して。
ブーの一番嫌いなことしてるもんな。



泣きながら追いかけながら考える。




30分追いかけても捕まらない。





・・・ちょっと冷静になろう。





オヤツでお風呂場に誘導してみる。
警戒してるのでなかなか来ない。

20分かけて、やっとお風呂場に閉じ込める。

お風呂場は狭いので楽勝で捕まえられた。

捕まえてしまえばブーは大人しい。

ガタガタ震えるだけ。

洗って。

拭いて。

ヒーターの前に連れて行って。

お腹が空いたと騒ぐブーにゲリピー用のお芋のおかゆを作り、食べさせ。

ウンチまみれの床を拭き、ソファーを拭き、マットを拭き。

同じくウンチまみれのブーのゲージを拭き。

ブーのベット、毛布、タオルを下洗いしてウンチ落としたあと洗濯。

この時点で午前2時。





今日はもう寝ない方が良いな、明日起きられないや。




ということで、ちょっとブログで愚痴ってみました。





憎い、とか辛い、とかって感情は沸かないんですよね。


ただ哀しかったなぁ・・・




よし、今日からまた、がんばろう!




ちなみにブーとの関係は壊れなかった模様、PCしてる私の背中に乗って寝ています(^^;




でも、もう起こすよ~、私仕事だから"(-""-)"徹夜明けだけどね







初めまして、ブランカです 2017/03/06

予てからの予告通り、2週間ほど前から預かっています。


マルチーズの女子。
ヨレヨレでめっさ黄ばんできちゃないたので、綺麗な白い仔になるよう仮名をブランカにしました(*^^*)




うちの先代にゃんこのハウスを進呈。
DSC_8718.jpg




長旅でお疲れだったのか、こんこんと夜まで眠り続けました。
DSC_8736.jpg










きちゃないけど手が掛らない仔だわ~、これならきっとすぐに里親さん見つかるねっ~(*^^)v
と喜んだのはブランカが寝ていた数時間だけでした・・・







匂うし、目ヤニやおヨダ(?)やなんかよく判らないモノで全身がガピガピだし、爆睡してたブランカが起きたので、拭いてやろうとゲージに近寄ったとたん。



身体硬直させたかと思うと、ゲージの隅に猛ダッシュしてガタガタ震えてる。

え、まだ手も伸ばしてもないのに???




はい、ブランカ、多頭飼い崩壊現場からのレスキュー犬だそうなんですが、人間が全然ダメです(-_-;)






前日一泊したお家でも、入っていたキャリーケースから出て来ず、ずっと怯えててご飯も食べなかったって・・・








"(-""-)"








で、でも、ほら、この手の仔ってさ。
バンビが良い例だけど、こういう仔はこのヒト!って思ったらすごい忠犬になるもんね~。←自分に言い聞かせてる


それに、この仔、凶暴性は全くないです。
怖いからといって威嚇もしないし、口も出ません。唸り、吠えも無し。









その後の2日間。

え~、ご飯とオヤツ以外、ゲージの中で微動だにしませんでした(-_-;)
ホント、夜中とか生きてる?って心配で心配で何度も見た。ていうかゲージの前に布団敷いて寝てる、今も。





でもこの仔、幸い超がつく食欲魔人。
ご飯とオヤツで釣ったら、なんと3日目から出てくるようになりました。ゲージから。
ご飯とオヤツの時だけですけど。


で、30センチ、50センチと毎食ゲージから食器までの距離を伸ばして行き・・・





やっと6日目、ご飯以外の時間に自らゲージから出てきた!!

但し、私、離れたとこに居ます。
カメラズームで撮ってます。
近づくと、ゲージに猛ダッシュして帰っちゃいます。
DSC_8750.jpg




でもまあ、大進歩です♪






翌日は預かって1週間目、トリミングの予約がやっと取れたので、連れて行きました。

抱き上げてキャリーケースに入れるのに20分、逃げ惑うブーと格闘(-_-;)


そして負傷( ;∀;)捕まえて抱き上げたら、暴れてもがいて腕蹴って逃げたので綺麗なミミズ腫れGET
DSC_8792.jpg







こんな犬をトリミング出来るのか?と心配しつつ、4時間後にお迎えに行くと・・・




さすがプロ!
DSC_8794.jpg





顔周りは危なくて触れなかったけど、その他は大丈夫でしたよ~、と。




本当にお世話になりましたm(__)m






すっきり美人さんになったね♪
DSC_8769.jpg







そしてブランカ、推定4~6歳と聞いていましたが、もっと若い模様です。
トリマーさんもいってても、多分3歳くらいじゃないですかね~?と。トリマーさんの愛犬マルチなんだそう


私はもしかしてもっと若いんじゃない?と思っています。

歩き方がぴょこぴょこしてるし。
ウサギみたいな???

子犬が良くやる排泄前ハイ(?)みたいな動きもします。あの、ウンチ前にずどどどーとハイテンションで走り回るやつ

んで歯が真っ白だし、やたら噛むのね、絨毯の端や家具の脚や。
例えばこんな作品作ったり。大人はやんね~わな、こんなこと
DSC_8788.jpg









そんな素敵女子(?)ブランカさん。






2週間経った今では。

トイレ完璧。場所、すぐ覚えました(*^^*)
但し綺麗好きなので、汚れたシートにはしません。なのでうっかり替え忘れるとシートの隣の床にしますDSC_8748.jpg





そして10日目から突然、一緒の布団で寝るように。
本当に突然。一体何が起こったんだ???
DSC_8821.jpg





でも、未だに一切触れません自分からは寄ってきますが、こちらが触ろうとすると猛ダッシュで逃げます。


そして、私以外、動くブーを見た人は居ません。
犬に飢えている両親が、昼間留守番しているブーを心配して様子を見に来てくれていますが、相変わらず微動だにせず固まっているそうです(T_T)
職場の友人が1名見学に来ましたが、来て帰るまでの30分、ブー、石に変身してました。






長い目で根気強く、粘り強く見守って下さる、広い心を持った里親様募集中です。

但し、子供さんの居るご家庭や、賑やかなご家庭には向かない仔です。

ほんの小さな物音にも非常に怯えます。
大きなリアクションや咳くしゃみでも飛んで逃げます。

触ろうとしても、噛みついたり威嚇は一切しませんが、飛んで逃げます。
寝ていても起きていても、触ろうと手を伸ばした時点で、気付くとすぐに逃げます。




でも、とっても良い仔です。
全く無駄吠えもしませんし、ご飯やオヤツの時は寄ってきて催促し、甘えます。

ベタベタした関係では無く、猫のようにさらっとした仔を好む方には最適だと思います。

触れないことを覗けば、非常に飼いやすいです。

お留守番もお利口に出来ます。






なお、今回は私の個人保護ではなく、友人を介して保護団体さんからのお預かりです。
譲渡条件等は団体さんのものが適用されますので、詳しくはお問い合わせください。


どうぞ、よろしくお願いいたします。








☆夢のボルゾイ庵☆ 2017/02/19

ボルゾイ大好き、良い子の皆さ~ん(*^^*)

こんにちわ~!!



今日は皆さんに素敵なイオリをご紹介しますよ~(^^♪







裏庭には広ーいドッグラン。
地面はわんこの肉球に優しい、ふわっと柔らかい黒土です。
DSC_8687.jpg





広々としたランで、のんびりまったり。
あちこちに放牧されている白いボルゾイ。
DSC_8686.jpg



DSC_8695.jpg








続いて、屋内をご案内~♪






古民家を改装したお洒落な室内。
ここは、土間を活用した薪ストーブ完備のわんことの共有スペースです。
わんこと同じ目線で暮らせます☆
DSC_8636.jpg





部屋の真ん中に据えられた、大きな木製テーブルを皆で囲んで、薪ストーブで調理した、温かいお食事が楽しめます☆
DSC_8638.jpg






ふと足元に目をやると、そこには熱い視線で私のクラッカーを見つめるボーダーコリーのリン。
DSC_8642.jpg







壁のあちこちに作られたベッドスペースで自由に寛ぐ、美人ボルズのエカテリーナ&ジャスミン。
DSC_8643.jpg







ふと気が付くといつも超近距離に居るのは、ボルゾイ庵のリーダー犬なのにめっさ甘えん坊、アイザック。
DSC_8640.jpg






こんな素敵なシチュエイションでお食事が楽しめるなんて、最高の贅沢ですね~♪
犬好きには堪りませ~ん!







し~か~も~。


今なら。

な、なんと!






生後2カ月の仔ボルガールズ7匹の接待付き!!
鼻血が出そうです^m^
誰ですか~、一人だけ起きて眼からビーム出してる子は?
DSC_8676.jpg






お食事風景。
8匹居るけど、1匹はタヌキのポメの茶々です(^^;
DSC_8613.jpg







そして、小さくても流石ボルゾイ庵の仔達、も~人懐こい人懐こい!
床に座ったら最後、一斉に「抱っこ~!!」とお膝争奪戦が始まります(^^;ちなみに優勝はほぼ毎回ポメのまーくん
CIMG2264a[1]






そんな超絶可愛い7ガールズのお母さんは、セクシー系美ボル、エカテリーナ。
ベビーがご飯食べ終わったらすぐ飛んで来て、排泄の世話焼くの。すっごい母性本能。偉い!
DSC_8627.jpg






お父さんはこんなに立派で大きいのに、めちゃめちゃフレンドリーで甘えん坊のJKCチャンピオン、アイザックです。
DSC_8706.jpg








アイザック、どれくらい大きいかというと・・・





お膝抱っこしたら164センチのふじこがすっぽり見えなくなる位(^^;
ジャスまま、画像お借りしました!

息子のコーネリアスとボーダーのリンの「・・・」って顔ウケる(笑)
CIMG2270a_201702171752026b1[1]





この体制からアイザックはじわじわと体を倒し・・・


ついにはふじこの膝枕でお休みに
DSC_8651.jpg





これまで、たくさんんのボルゾイさんとお会いしました。
ですが、初対面で抱っこ&膝枕で本気寝したボルゾイさんは間違いなく初めてです。

偶然かもしれませんが、ヴィさんが大好きだった、お膝抱っこからの膝枕。
同じ体勢で甘えてくれたアイザック、私の淋しい心を敏感に感じ取ってくれたように思いました。




実はこの時、食後のお茶が入ったよ!って呼んで貰ってたんですが。
ふじこ、涙が止まらなかったので、顔が上げられませんでした。
DSC_8673.jpg






そして、パパばっかり~!!と息子のコーネリアス・・・
CIMG2271a_20170217175203394[1]





背後からふじこにぴとっ、て寄り添い、ふふ、両手にイケボル
DSC_8668.jpg







ああ、幸せ過ぎる。






もう、気分はブルゾンちえみ。35億~♪    画像は公式サイトより拝借♪
00[1]







っと、話が逸れてしまいました。

以上、素敵な夢のボルゾイ庵のご紹介でした~(^^)/











で、ここからはちょっと真面目なお話。

今回お邪魔したのは、ヴィさんと一緒に病と戦った戦友ボル、ロビンちゃんのママのお宅。
ボルゾイのブリーダーさんです。
長年の夢だった、わんこの為のお家を完成なされたということで、同じくヴィさんの戦友兼親戚さんボル、ラルフくんのママとヴィさんの親戚さんボル、レオンくんのママと3人で押しかけました。




素人3人衆の訪問にも嫌な顔一つせず、沢山ボルゾイのお話を聞かせて下さいました。

犬への愛情が痛いほど伝わってきて、だから、飼い犬全員がこんなに人間大好きなわんこに育ってるんだなってよく解りました。

ママは、ブリーダーでありながら、一方で保護犬も引き取っておられます。
そして、今回一晩泊めて頂いて良く判ったのですが、ママはチャンピオン犬も、保護犬も全く分け隔てなく、同じようにたっぷりと愛情を注いで飼っておられました。

「飼ってる以上、そりゃそうでしょ」って、思いますか?
でも実際、見ててなかなか出来ることでは無いな、と思いましたよ。
だって、今、成犬9頭居るんですよ、仔ボル除いて。
お世話で一日が終わってしまいます。

こういう方が育てたから、こんなおおらかな優しいボルゾイに育ってるんだなって、良く解かりました。



言うまでもなく、ボルゾイは大きくて美しい素晴らしい犬だと思います。
が、時々、気性の激しい仔が居るのも事実です。

そもそも狩猟犬なのですから、気性が激しい仔が居ても、当然といえば当然ですが、身体が大きい分、飼い主でも制御し切れない仔の話を聞くことがあります。


なので、ボルゾイと暮らしてみたい、と考えておられる方は、両親犬をしっかり見て、ブリーダーさんから育て方、接し方をしっかりレクチャーして頂いて、ボルゾイとの、最高に贅沢で幸せな暮らしを楽しんで頂きたい、と思います。
勿論、育て方も影響しますが、持って生まれた性質も、その仔の性格形成において大きく影響するので・・・








そして今回もうひとつ。

どうしても会いたかった、この仔。


向かって左、グレーの可愛こちゃん♪annさんの首輪がとってもお似合い
DSC_8593.jpg




ヴィさんと一緒に闘病頑張ったラルフくん、ヴィさんの2か月後に天国に旅立ちました。



その後、ラルフままも私と同じく、大切な我が子が居なくなった悲しみに打ち沈み・・・
辛い日々を送っておられましたが。


昨年、まだ記憶に新しい福岡のボルゾイ集団脱走事件。
その中の保護されたボルゾイのうちの一頭、ラフィちゃんの里親さんになられました!!


たまたま、募集されていたシャンプーボラに参加されて、ラフィちゃんが初対面のママさんにぴとって甘えて来たそう。
運命の出会い、だったんですね(*^^*)





これ、去年の12月に頂いたオサシン。
この時、ラフィちゃんまだママのところに来てわずか1ケ月半。
それで、この表情&しぐさ。
ママの深い愛情の賜物ですね。

ラルフママ改めラフィママ、ママが今回、ラフィちゃんがボルゾイ庵でボルズの歓待に怯えた時、ママその華奢な体でとっさにラフィちゃんを両手で抱き上げたでしょ。
それ見て、ママ素敵、って思ったよ。

きっと、絶対、ラルフくんも喜んでる。
002.jpg











今回、一泊させて頂いてボルゾイ庵をおいとまする直前。
仔ボルはみんな朝ご飯後で爆睡していたんだけど・・・

ドアを開けた音に反応して一匹、この仔だけが起きてお見送りしてくれました。多分チシャね
DSC_8680.jpg






トランク、空いてたから詰めて帰れば良かったかな???
DSC_8682.jpg






仔ボル、飼い主さま募集中です。
お問い合わせはこちらまで!

       ↓


ボルゾイ庵エカテリーナ








| HOME | NEXT